【バシャール最新メッセージ】私たちは〜信じていることを見ている〜

【バシャール最新メッセージ】私たちは〜信じていることを見ている〜

こんにちは!セラピスト&カウンセラーともだくみこのごきげんブログへお越しくださりありがとうございます!

今回は、バシャールの最新のメッセージをお届けします。いつも参考にさせて頂いている『kokoro century』の動画からのメッセージですが、「いま、ここ」「この瞬間」の指針になるのでは・・と感じました。

バシャールを知らない方やなかなかその機会を持てない方に、氣楽にメッセージに触れたり、また、メッセージから何かのヒントや氣づきにつながればと思います。

バシャール とは

「バシャール」って? という、初耳という方がいらっしゃいましたら、こちらを先にご覧くださいね!

メッセージ「いま、怖れないで信じて」

すべては神で創られています。

Q 私たちは「怖れ」を抱くほうに行きやすい

と思いますが、どうすればいいでしょうか?

あなた方が観察している物のすべては、あなた方の観念・信念・思い込みの上に成り立っているということです。

子どもの時からあなた方の意識の中には、「怖れ」が深く浸み込んでいます。何千年にも渡り、あなた方はそういった「怖れ」の観念が社会全体の集団意識に組み込まれた中に生きて来ました。

つまり、「真実に直面するよりは、怖れていた方が楽だ」とあなた方は信じているのです。この観念を変えれば、どういうものを見ているかに関わらず、あなたが見ているものは変わります。

地球上には、こういう格言があります。「見ることは、信じること」。しかし実は、「信じることは、みること」。つまり、

〜信じることを見ている〜 のです

すべての感情は、まず、信じることから起きてきます。自分が真実だと信じることに対する反応が、感情なのです。

すべての「怖れ」は、あなたの深いところから来る先入観念によります。「怖れ」ているほうが、「よろこぶ」よりも簡単だと信じているからです。

そして、この社会においては、「自分は喜びを感じるに直する」と思っている人たちは少ないからです。まず努力をして、頑張ってからでないと、そういう成果は得られないと信じているからです。

あなた方の社会では、「喜び」というのは、勝ち取らなければならないものになっています。努力して、苦労したあとに恍惚感を得るのであれば、これは非常にくたびれること。

しかも、くたびれた後にはすぐ、心配や「怖れ」不安に走ってしまいます。もっと努力しなければいけない、それでもっとくたびれてしまう・・・ということを怖れます。

しかし本当は、生まれたときの権利としては、常に喜び、常に楽しんで過ごすことができるのです。誰も努力する必要はありません。いま、あなたが想像できるものはすべて、今すぐ手に入れることができます。

人に教えるときは、ワクワクしたり想像できるということは、すでに自分が想像しているものに自分が直しているのだということを教えてください。

それが分かれば、イライラすることも恐れを抱くこともありません。

Q 私たちが神様、仏様と呼んでいるものの正体は

また、実際に地球にいたといわれるキリストや仏陀の正体は何ですか?

今、言ってくださったすべては、実は深いところでは全部「みんな」なのです。特に、神と呼ばれる部分は全部「みんな」です。神というのは、そこにあるすべてのもののことです。すべては神で創られています。

一つのものは、一つであると同時にすべてのものでもあります。

簡単にいうと、キリスト意識、仏意識というのは、今いったものを小さくしたものです。キリスト意識、仏意識、また社会意識というものは、地球上のすべての意識でもあり、同時に集合的な意識でもあります。

すべての世界がそういった観念を持っています。私たちの世界では、非常に古代ですがそうした意識は、シャカーナと呼ばれていました。

私たちのシャカーナ、あなた方のキリスト意識、仏意識、そしてほかのすべての物が一緒になって神の意識を創っています。私たちにとってそれは自分から離れた別の存在ではなく、本来自分の中にあるものであり、自分自身がそうであると思っています。

椅子も神、部屋も神、空気も神、すべてが神です。なぜなら、すべてが光のエネルギーで出来ているからです。

神が宇宙を創ったというよりも、もっと正確にいうと、神そのものが宇宙だということです。

Q 今、地球は大変革の時に入っていると言いますが

ちょっと待ってください。

これは、あなた方への提案なのですが、「あの人は聖人だから」とか、「彼こそが救世主だ」とか、ある特定の個人をあげて表現されている部分にあまり焦点を合わせないほうがいいでしょう。

ある特定の個人が、光の部分や人の持つ本質的なものを見せてくれることがあります。でも、そういう人をただ追いかけるだけの崇拝者や信奉者にはならないでください。

今回の地球の変革は、あなた方自身の中に仏教徒なら仏性を見出し、キリスト教徒ならキリスト意識となって救世主の光になること。すなわち、「本来のあなた」になることなのです。

ですから、そのように光輝く素晴らしい人を見つけたら、ただの崇拝者、信奉者にならないで自分もその人と一体になってください。光になってください。

そうすれば、あなた自身の変革と浄化を、もっとも肯定的な形で実現することができます。あなたは先ほどから、「それが起きた時」といっていますが、実際には今、すでにそれが起きているのです。

その真っ只中にあなたはいるのです。

あなた方の時間で50年、60年前からもう始まっているのです。多分あと、30年から40年は続くでしょう。その中には、ゆったりした変化もあれば、急激な変化もあります。個人的な変化もあれば、全体的な変化もあります。

そしてあなたが、どのようにその変化の中を抜けていくかは、あなた自身のエネルギーによります。

想像力とは、あなたの周りの物理的現実を創る設計図のようなものです。想像力の中にある観念によって、あなたがどのようなタイプの物理的現実を体験するかが決まります。

自分自身のセルフ・イメージも想像です。そこは、自画像のあるところです。あなたの考える「現実」という絵があるところです。「現実とはこうあるべきだ」というイメージのあるところです。

「一瞬ごとに、自分はまったく違う人間なのだ」ということが解り始めると、いつでもゼロから出発することができます。つまり、自分で頑なに信じようとしない限り、過去に起きたことによって今の自分が左右される必要がなくなります。

あなた方は、今まで教えられてきたほどには、強く過去に縛られているわけではありません。実際はあなた方が思っているよりもっと柔軟性があります。

あなた方が実際には、時間と空間に縛られているわけではないのです。時間と空間もあなた方が創り出した一つの概念にすぎず、一つのものの見方なのです。

「人は時間と空間に縛られている」という仮想ゲームを教えられるまでは、あなた方は、自由で創造的で、これらの考え方に影響されることはなかったのです。

あなた方が、自分の性格を溶かして、(そろばんで)ご和算にすることを学ぶと、今度はそれを自分の望む好きな形に創り上げることができます。あなた方の性格は、まさにキットに中の部品のようなもので、ちょうどジグソーパズルの一つ一つのパーツに当たります。

それぞれの人の台本によって、無限の組み合わせをつくることができるのです。あなた方の性格は、基本的に三つの要素から成り立っています。性格は、「観念」「感情」「思考」の形の三つからできています。

そのうちのどれか、観念の一つ、思考の一つでも変えると、性格全体が変わります。「観念」が「感情」をつくり出します。感情が思考の形を創り出します。「思考の形」が物理次元に起きる「現実」を創り出します。

「観念」が、造りたい家の設計図に当たります。ここで言っている「家」とは、あなた方の周りに起きている現実世界に当たります。

どんな先入観念を持っているかによって、家つまり現実の形が決まり、家のスタイルが決まります。いくつ窓があって、何階建てにするのかが決まります。

「感情」はちょうど、その家を造る大工さんにあたります。「感情」は、その「観念」の設計図にエネルギーを与えるエンジンのような役割を果たします。

どのようなタイプの感情を持つか、つまり肯定的な感情なのか否定的な感情なのかによって、大工さんの「質」が決まります。感情がクリアであればあるほど、細かいところまで行き届いた美しい家ができます。

「思考の形、パターン」はその家の材料そのもの。クリアな思考パターン、クリアな理性は質の良い材料と同じです。混乱している思考パターンは、重いものを支えられない弱い材料です。

すべては最初の観念から始まります。強く、クリアで「肯定的」な観念であるほど、強く、クリアで「肯定的」な感情と思考パターンが出来て、そして現実もそうなります。

自分の想像力を使って、この物理的現実に関して、自分がどんな観念を持っているかを知ることが大切です。それによって、どういう行動を起こせばいいかが分かります。

あなた方が紛れもない現実だと思い込んでいるものの多くは、そう教えられただけのもので、実は単なる「一つのものの見方」にしか過ぎません。

よく自分に仕掛けてしまう罠は、誰かに

「なんで、そんなやりたくもないことをやってるの?」

と質問させておいて、自分で

「でも、世の中ってそんなもんだろ」

と答えてしまうことです。多くの人が、「世の中とはそんなもんだ」と思っています。でも実際には、「こんなものなんだ」ということは存在しません。

実はすべてが選択されたものなのです。

意識的に選択するか、無意識的に選択するかはあなた次第ですが、少なくとも確実に言えることは、「あなたのすべて」は選択されたものであるということです。

★記事掲載元はこちらです。

まとめ 氣づくと外せる

〜私たちは信じていることを見ている〜 いかがでしたでしょうか・・・。

私が自分の観念・自分自身で氣つかずに決めてしまっていた「思い込みの思考」に初めて氣づいたのは、4年ほど前のこと。私の思い込みは、「自由に生きると愛されない」という思考でした。

こんな勝手な思い込みが、自分自身を縛っていました。自分の首を自分で締め付けていたんです。思い込みの鎖が一瞬で外れた瞬間でした。

ここに氣づいた瞬間、それはそれは、地球がひっくり返るくらいのカルチャーショックを感じました。私事ですが、人生最大の衝撃の事実とも言える出来事。 笑。

この氣づきが、このあとの私の地球での人生の生き方、日々の瞬間瞬間の過ごし方、捉え方、選択の仕方を大幅に変えてくれました。

氣づきは一瞬のことです。この一瞬の、氣づけた自分自身に心から感動し、大きな拍手を(自分で)送り続けています。^ ^。((爆))

氣づくと変わる。変えられる。変わってしまう。もう、氣づく前の自分には戻れないのです。一瞬の出来事。不思議な感覚です。ブレークスルーとも呼ばれるものだと思います。

ブレイクスルーとは

ブレイクスルー、ブレークスルー( breakthrough)とは、進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破を意味します。〜Wikipediaより〜

地球で生きていく中で、幼少期からの、環境からの、さまざまな思い込み・自分でまわりの空気を感知し自然に身につけていってしまった思考クセは、一つではありません。数えきれないほどの思考クセが、私たちには浸み込んでいます。

氣づいたときに、一つ一つ、外していきます。ふっと、した瞬間に出てくるのです。

とくに、辛くて悲しかったことほど、心の奥の奥に潜んでいるので、なかなか出てきてくれません。出てきた時、出てきてくれた時がチャンス。

「もう、外せるよ・・・。外していいんだよ。」のおめでたいサインですね。

氣づいた瞬間、変わります。一見、ズシンと重い感情を感じますが、思考クセを手放して、自由に選択できる自分へと変わるステージアップの時。氣づきは「宝物」です。

風の時代へ

これから、地球は風の時代へと移り変わっていくようです。

数えきれない多くの情報が溢れている現代。ワクワクと愛と喜びの情報を選択するのか、心配不安や怖れの情報を選択するのか・・・選択肢は山のようにありますが、選択はすべて、自分自身に権利があります。

どこに焦点を合わせて選ぶのかが大切になっていますね。

〜すべてはあなたの心の中にある〜

この記事が、あなたの何か氣づき・お役立ちになれば幸いです。最後までお読みくださりありがとうございます!

失礼します!^ ^。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)