男性性女性性のエネルギー!男女どっちにもある男性性と女性性のお話

男性性女性性のエネルギー!男女どっちにもある男性性と女性性のお話

こんにちわ!アポインター&セラピストともだくみこのご氣元になるブログへお越しくださりありがとうございます!

今回は、男性性と女性性についてのお話です。私は女性ですが、私の中にも男性性と女性性があります。女性なのに男性性?と不思議だと想うかもしれません。この記事が、あなたの人生を楽しむヒント・参考になれば嬉しいです。

男性性とは?女性性とは?

男性性、女性性とは、肉体的な性別(セクシャリティ)や社会的な性差(ジェンダー)とは別に、「男性」「女性」それぞれのエネルギーの性質・特徴のことをいいます。心理的・精神的な内面の部分を指しています。

一般的に、男性のほうが男性性が強くて、女性は女性性が強いとされています。が、男性も女性もどっちも、人は、一人の人間の中に二つの相反するエネルギー、男性性、女性性を持っています。

では、それぞれ、どういうことなのかを具体的にみていきましょう。

女性性とは?女性性のエネルギー

女性性、女性のエネルギーの特徴は、無条件の愛、優しさ、母性、受容、包容力、調和、統合、繊細、柔軟性・・・などです。女性のエネルギーは、「女の感!」ともよく表現されることがあるように、感性や直観力などに優れています。社会的な貢献のために行動することができる一面もあります。

例えば、普段は積極的で行動力あふれる「俺について来い!」タイプのような男性性の強い男性であっても、目の前に捨てられた子猫を見ると「ほっておけない・・・」ようなやさしさ(女性性)を発揮する男性もいますね。女性性を持っている男性の例です。

男性性とは?男性性のエネルギー

男性性、男性のエネルギーの特徴は情熱、外交的、活動的、勝ち取る、行動力、結果を出す、トップを目指す、突き進むなどのリーダーシップ、積極性、分析、競争、判断、決断、効率化・・・などが上げられます。男性性は思考や行動力と密着しているため、能動的で論理的、そして社会的な地位や成長を求める傾向があります。

一見控えめな女性。でも、仕事となれば打って変わってテキパキバリバリ出来るキャリアウーマンタイプのこちらの女性は、女性だけど、男性性の面も発揮している女性になります。

男性性と女性性、どっちがいいの?

男性は男らしく・・・、女性は女らしく・・・と、いつの昔からか、言われてきている言葉がありますね。

男性は、

  • 男たるもの、人前で泣くもんじゃない!
  • やられたら、やり返せ!
  • 歯を食い縛ってやってみろ!

など・・・祖父や父親、目上の人からの、男の「こうあるべき」「こうでなければ男じゃない」を上げてみました。こういった言葉は、優しく繊細な面を多く持っている男性には理不尽で、精神的にも辛くて受け入れられず、大きな心の負担にもなりますよね。

また、女性は女性で、

  • 常に一歩さがって・・・
  • 目立ち過ぎず(夫に)尽くすもの・・・
  • 家庭や家事育児、子供を守るのは女の勤めで当たり前!

とされてきましたね。

男性性、女性性は、男性にも女性にもどちらにもあるエネルギーの特徴のことです。どちらが良いとか悪いとかではなく、男女共にそれぞれに持っているエネルギーです。

優しくて心が繊細な男性を女々しいとか・・・、仕事の鬼のようになっている出来すぎる女性や女社長を男勝りなど・・・と表現していた時代もありましたが、もう今は水瓶座の時代に突入しています。

水瓶座の時代についてはこちらをどうぞ。https://consultation.link/bashar/collection-of-famous-quotes/

女々しい男性が、男らしくないから駄目でかっこ悪いという話でも、男勝りの女性が、女らしくないとか女のくせにとか、煙たがられる話でもなくなりつつあります。

男性性の傾向が強い男性らしい内面を多く持つ女性もいれば、女性性の傾向が強く女性らしい面を多く持つ男性もいるのです。女性も男性も、どちらかの性の傾向が強く出ていようが、どちらかの性が弱くて「らしさ」が足りなかろうが、それは、その人が持ち生まれている個性・エネルギーです。

  • その人自身がどう在りたいのか・・・
  • 自分自身がどう在ると腑に落ちてしっくりくるのか・・・
  • どんな自分で地球人生を生きていきたいのか・・・

問われているのは、自分自身。自分が自分の胸に手を当てて、本当の心の声に聞くと分かるのではないかなと想います。

まとめ。男性性と女性性の私の見方、捉え方

私の個性・カラーのエネルギー

私の個性カラー・魂の色はターコイズですが、ここで、色を例題にして見ていきたいと想います。(このカラーは生年月日を基に数秘から診断しています)

ターコイズは、フットワークが軽い、個性的で自由人、チャレンジ精神がある、という意味を持つ色です。

いくつかのキーワードもあります。ご紹介します。

  • クリエイティブ
  • ハートのコミュニケーション
  • マスコミュニケーション
  • 個性的
  • フィーリング
  • 自由
  • ユーモア
  • 自己探求 など・・・

これらは、表(プラス)の意味合いですが、なんと、裏のマイナスの意味合いもあります。

裏のキーワードがこちらです。

  • 孤独
  • 劣等感

このキーワードがとても腑に落ちてしっくりくる方は、個性のカラーが「ターコイズ」かもしれませんね。自分にしか分からない感覚になりますが・・。^ ^。

さらに、ターコイズカラーのエネルギーを紹介しますね。

興味を持ったものに、自由なフィーリングで対応していく能力があります。ダイナミックで型にはまることがなく、個性的な感性を持っています。体を使う、動くタイプで、フットワークが軽くレスポンスも早い方が多いでしょう。変化を恐れず、進歩的な性質で、水が容器により簡単に形を変えるような適応力もあります。

そのクリエイティブな個性は、人によっては、わがままで自分勝手と見られることもあるかもしれません。と・・・なるほど!!です。

ターコイズの色を例にしてみましたが、私自身、まさしく、ターコイズのエネルギーそのものだな〜と、とてもしっくり腑に落ちる感覚があります。実は、この色と意味を知って、私はさらに、人生が生き易くなり元氣になりました。というのも、色の意味を理解したことで、自分の色を見ているだけでも、自分の個性エネルギーを良し悪し関係なく受け入れることができるように変わったからです。

この世はバランス!すべては表裏一体

個性エネルギーには、プラス・マイナス(良し悪し)の両方があります。男性性の意味合いが強いキーワードもありますし、女性性の意味が強いワードもあります。

要するに、表裏一体。2つで一つ。ワンセット(統合)!!どちらもあって、どちらも良いということ。^ ^ 大切なのは、両方のバランスではないかなと想います。

私の見方、捉え方は、腑に落ちる点は、受け入れている所、受け入れられる所です。嫌だな・・・、許せないな・・・、どうしても好きになれない・・・所は、今はまだ、受け入れられない、そういう面があるんだな・・・という自分の個性の一面と捉えています。

この地球には、男女をはじめ、表裏一体、陰陽(の法則)がたくさんあります。

  • 男女
  • 陰陽
  • 明暗
  • 高低
  • 温冷
  • 大小
  • 左右
  • 長短
  • 静動
  • 強弱 
  • 良し悪し
  • プラスマイナスなど・・

調べれば、もっとたくさん出てくると想います。

プラスが良くて、マイナスは駄目なのか・・・? では、ありませんよね。^ ^ 良い時もあればダメな時もあるワケです。良い時は、それはGOOD!!青信号ですから、ドンドン進め〜!!のサインであったり、うまく行かない時は、赤信号。一旦止まって様子をみるタイミングが来ていたりします。

男性性と女性性、どちらも大切な自分の個性エネルギーです。自分の中で両方のバランスをとり、プラスとマイナスを合わせて、統合して、ゼロにして、自分が心地よい個性を表現して発揮していける時代(水瓶座の時代)になっています。

  • あなたの男性性には、どんな面があるのでしょう・・・?
  • あなたの女性性は、どんな傾向なのでしょうか・・・? 

男性性と女性性、どちらも自分流にアレンジして受け入れてバランスを取ってみると、地球での人生が、より生き易く、楽しくなるかもしれませんね!! 

この記事があなたの何かヒント・氣づきになれば幸いです。最後までお読みくださりありがとうございます!

失礼します。^ ^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)