【ソウルメイト特徴運命】彼らはまちがいなく私を選んで生まれてきた

【ソウルメイト特徴運命】彼らはまちがいなく私を選んで生まれてきた

こんにちわ!セラピスト&カウンセラーともだくみこのごきげんブログへお越しくださりありがとうございます!

今回の記事はソウルメイトについてです。よく聞く言葉にもなってきていますが、ソウルメイトという言葉をはじめて聞く方もいらっしゃるかもしれません。ソウルメイトってなんの事?運命の相手のことなのか?たった一人しかいないのか?などに触れてみたいと思います。

この記事が、あなたの何かヒント・氣づきになれば嬉しいです。

ソウルメイトとは?

ソウル(soul) ➡︎ 魂
メイト(mate) ➡︎ 友達・仲間・相棒

ソウルメイトをそのまま直訳すると「たましいの仲間」という意味になります。一般的には「運命の人、一生を共にする相手」という解釈が多いようです。

なので、よく、恋人や結婚相手を表す言葉として使われたりしますが、「親友」「家族」などもソウルメイトである可能性が高いと言われています。肉体を越えた魂の繋がりを持つ関係とも言えます。

詳しくはこちらもご参考にどうぞ。

彼らはソウルメイト

私にとって、まちがいなくソウルメイトだと言える男性がいます。

じつは、この男性・彼というのは、私の息子たちのこと。特に、長男は、魂のつながりをとても感じます。というのも、胎内記憶という言葉と意味を知ったことがキッカケの一つとなりました。

胎内記憶という言葉をご存知ない方のために、ここで少しご紹介します。

胎内記憶とは?

胎内記憶とは、「生まれる前のママ・お母さんのお腹の中にいたときの記憶」のことを言います。

陣痛から生まれるまでの「誕生記憶」、お腹に入る前の「中間生記憶」など、いろいろと分けられるようですが、一般的にオギャーと産まれる前の記憶をすべて含めて「胎内記憶」と呼んでいるようです。

親をどうやって選んでこの地球に生まれて来たのか、ということなどを話す子供がすでにたくさん実在しています。そんな胎内記憶を持った子供たちの一人が、次男です。

長男が生まれた頃は、胎内記憶という言葉も意味もまったく知りませんでした。ちょうど、次男が生まれた頃、この「胎内記憶」の意味を理解していました。ものは試し!!ということで、興味津々で聞いてみたんですよね・・・。

3才くらいの次男との会話です。

私 : お腹にいたとき、どんなだった? おぼえてる?
次男 : くらくて・・・せまかった・・・
私 : 生まれてくるときは?
次男 : (小さい体を丸める格好をして、回転させるゼスチャーもしながら)こんなんして・・・こんなんしてきた・・・。(笑。かわいい。)

と、小さいながらも片言で話してくれました。

すべての子供達が体内記憶を持っているワケではないようで。持っていても、3、4才頃までしか覚えていないと聞いていました。成長するにつれて、やはり、忘れてしまうようです。あまり小さいと言葉を話せないので、3才前後が聞きどきなのではと思います。

小さいお子さんがいらっしゃる方や、これからご出産される方は、ダメ元でゆっくり時間を取りながら空けながら、何度か軽く聞いてみてくださいね。

次男から、実際に胎内の様子を聞いた時のこと。正直、信じる信じないも人それぞれです。私は、素直に「へ〜!!」「すごいな!!」「面白いな!!」「覚えてるんだ!!」「本当なんだ!!」と、当時は、本当に覚えていて聴けるとは思っていなかったため、感動して聴いたことを想い出します。なので、より一層確信が深まりました。

お母さんを選んで生まれてくる

「お母さんを(両親を)選んで生まれてくる」という、胎内記憶ではよく出てくる実話です。

言葉も話せない、なにも知らない赤ちゃんが、親を選んで生まれてきている。って、「そんなこと!!」「そんな事あるワケないでしょ!!」と思いますよね!これも、信じるも信じないもそれぞれですから、正解も、人の数だけあると思います。詳しく知りたいという方はこちらもどうぞご参考してください。

誰もが、両親を選んで生まれてきていると知ったとき、え〜!!!ホント!?と驚きでした。もしも、そうであるならば、息子たちは私を選び、私自身も両親を選んで地球に来たことになりますよね。

だとすれば、なにか意味があって生まれて来たのだ・・・とも思えます。

もしも、そうだとするならば・・・自分自身の生まれた環境や人生のこれまでの様ざまな逆境の出来事・流れ・プロセスを受け入れやすく、また、生きやすくなるかもしれないと思えませんか?

胎内記憶を知る事により、私は、自分の人生を良い意味で大きく受け容れられるようになりました。

ソウルメイトも色々いる

ソウルメイトは、確かに「運命の人」とか「一生を共にする相手」と解釈されていることが多いです。けれども、色んな情報に触れるうちに、異性である男性だけではないことも分かって来ました。

家族であったり、氣の合う友人や親友だったり。結婚相手も離婚することになってしまった元伴侶やビジネスパートナーなどもソウルメイトだったりするということです。

その時期、その時期に、自分が自分で課題を設定していて・・・その課題を邪魔する障害物としての役割・悪役を買って出てくれているソウルメイトもいたり、喜びも悲しみも一緒に乗り越えて人生を創造していくソウルメイトも含めて、沢山のメイトがいるようです。

死後の世界や生まれ変わりについての実話をまとめた「生きがいの創造」は、私に大きな氣づきと生きる視点を大きく変えてくれた一冊です。

人間関係や離婚について悩んだ時期、天職ってなんだろう・・・と自分に合ったやりがいのある仕事について考えた時期、量子力学や占星術に関心が湧いた時期、その時その時で悩み事、関心事も変わっていきました。

赤い糸は、目に見えないものだけど、きっと、それぞれにある糸・意図なんでしょうね。

赤い糸のソウルメイト

運命の赤い糸は、目には見えません。ソウルメイトは魂のつながりのある仲間。目には見えないけど、深くつながっている関係です。大ヒットした映画『君の名は。』を思い出しますね。^ ^

私にとって、とても深いつながりを感じるソウルメイトが長男だと、じつは、言い切れます。なぜなら、彼は、私を母に選んで生まれてきているからです。私を幸せにするために、助けるために生まれて来てくれたのだと、心から感じます。

生まれたばかりの頃の長男の無邪氣な笑顔を、今でも、はっきり覚えています。本当に屈託なく天真爛漫に笑っている彼の顔です。

小児喘息で夜中に病院中を二人で歩き回ったあの時があったから、分かった健康の大切さ。病氣とは、痛みとは、なんなのか。勉強は何のためにやるのか。人生とは・・・生きるとは・・・深く考えさせられることが沢山ありましたが、すべて、彼が私の所へ来てくれたことで学んだことばかり。

悩みも、試行錯誤したことも、全部が無駄なく良い経験になり、今、財産になっています。

2年前のブログから

2年前の12月11日にこんなことを書いていました。

彼は、まちがいなくソウルメイトだと想う
彼とは長男のことですが・・・11日は彼が生まれた日
とても安産で、病院に着いて、その6時間後にはもう地球人になっていました
今日まで、たぶん・・・誰よりも、彼に助けられてきた私です
  • 0歳のときの、あの笑顔
  • 小中時代の色んな恩師との出逢い
  • 高校時代、バイトで助けてくれたこと(当時は  パパと別居中で・・・)
  • 自転車で2、30分かかる距離を雪でほとんど歩いて帰ってきたこと
  • けっこう、プレゼンが上手!月星座双子座の影響があるらしい
  • 20歳で自立
  • 今までツラいと想ったことはなかった・・・こんな言葉をくれて、感動(涙)
  • 今年はワインソムリエに挑戦、みごとに達成!!良かったね!
  • たわいもないことも色んな相談事もし合える情報通な面がある
助けられてきた・・・彼がいたから、今日までこれた
まちがいなく私を助けるために、幸せにするためにココ・地球に来てくれたと想います
これから彼の持ち生まれた才能がさらに発揮されるようです
今はもう私以上に好きなことを吸収して、稼いで、日々楽しんで、人生を想像して創造していってるから嬉しい!!
そんな姿を感じることがわたしの幸せ
温泉好き、旅行好き、日本中、世界中を楽しんでね!
おめでとう!! ありがとう!!

1年前のブログから

12月11日、長男の誕生日なので、職場へ差し入れ。
なんでも話せる、穏やか、そして頼りになる!! どうしてこんな素敵な子がここへ生まれて来てくれたんだろう・・・
ほんとに感謝しかない長男です。 生まれてきてくれてありがとう。
長男作の洋梨のカクテル。 洋梨が大好きな私には嬉しいカクテル。
いい事も困った事も、親に相談できないことも真っ先に話せるいちばん身近な存在。
仕事帰りに連絡をくれて 最後に一言、「ケーキ、ありがとう」
ボソッと呟いて切れましたが、その一言に、なんとも言えない照れ隠しの心を感じてウルウル・・・嬉し涙が溢れてきました。
ありがとう・・・

まとめ。どんな人にも事にも楽しめるワケがある

今日までの人生を振り返り想うことは、たくさんのソウルメイトが関わってくれていたと感じること。

両親や祖父母をはじめ、兄弟、子供たち。学生時代の友人や恩師。離婚することになったパパとその周りの関係の人たち。

様ざまな職場でとてもお世話になった人も、感じの悪いイヤな人たちも、辛い経験をくれたイヤな奴も。そして、深い氣づきと大きな愛と勇氣をくれた人も。その時その時で、すべて、自分が設定してきた登場人物。自分が主人公のとてもリアルな映画のシナリオです。

このシーンで、一言、悪役を演じて氣づかせる役をお願いね!
方向転換のタイミングに合わせて登場してね!・・・とか

地球は、行動と体験の星。すべて、大筋をソウルメイトと打ち合わせて自分で決めてきているようなんですよね。

地球に来たのは、色んな体験&経験を味わうため。人生は、周りの誰かの態度や言葉に一喜一憂したり左右されるものではなく、自分が、自分自身の幸せ、喜びとは何なのか・・・それぞれがハートの声を聴いて感じて想像して創造していけるし、創っていくものだと、(これも私の感覚ですが)心からそう感じます。

自分が今世で出逢いを決めて来た、氣づきを促すために登場して来るソウルメイトたち。魂のメイトたちと一緒に、その時々にできることを楽しんで体験経験していく地球での限りある人生です。

これからも、晴れの時期。快晴の時期。曇りも、雨もあられも・・・はたまた、嵐や台風、地震や竜巻が起こってくるときもあるでしょう。けれども、自分で決めて来たプロセスです。どんなことも、順調に進んでいます。

自分が決めて来ているシナリオだから。悔いなく地球を卒業すべく、すべて、ソウルメイトと約束してまで善くなるために起こしてくれている事ですから。毎日が奇跡の連続。感動の連続。どんなことでも楽しまないと、「もったいない」かもしれませんね。笑。

この記事が、あなたのなにか氣づきになれば幸いです。最後までお読みくださりありがとうございます!

失礼します。^ ^。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)