Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/k4141/consultation.link/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
閉園間近の遊園地で最後のアトラクションを選んでいるのが今世の地球 - KUMIKOの水瓶的・愛のキューピッドブログ
閉園間近の遊園地で最後のアトラクションを選んでいるのが今世の地球

閉園間近の遊園地で最後のアトラクションを選んでいるのが今世の地球

飛んでる話から入ります。地球フラット説がよく聞かれますが、じつは、地球空洞説が事実らしい。と、元FBI特別捜査官のデソーザさんがおっしゃってます。今日、寄った書店でチラ読みしました。🎵 佐野美代子さんの本もチラ読み。買って読みたい内容でした。ついでに目に入ったバシャールこと=ダリルアンカさんとコラボしてたのが、ブラックハットの関暁夫さんとナオキマンショー😅💧💧  チラ見する氣にもなりませんでした。

宇宙視点からの見解ですが、地球でだけ楽しめる体験オプションの中でもTOP3の大人氣のアトラクションがこちら👇だそうです。(吉田総合研究所の吉田さんから)

  • 1、がん(難病)
  • 2、破産
  • 3、離婚 

地球に行ったら、ぜひ、やろう‼️』 だそうですよ。😅😂😂 この氣持ち、とてもよく分かります🎵 わたしの宇宙のマスター・kuさんの深い記事からシェアします。関心ある方、読んでみてくださいね。😇

自分の弱みは変え辛い(kuさん)

  • 不安の原因は複雑な思考癖」 時代は変わり、スピリチュアルをやっている人たちも、もっともっと簡単にシンブルに生きられるような風が吹いてきました。それに乗るだけで、いままでの複雑さからだいぶ変わって、もっとシンブルに生きられるようになられた方が多いと思います。もし、まだシンプルに生きられてないのなら、それは途中です。手放しの途中なだけです。 あくまでも途中なので方向は軽くなる方向に向かっています。本当の意味では、手放しに時間は必要はありません。 
  • ただ、幻想には時間は付き物なので、自分にとって、「 これだけは・・・」と思える執着はゆっくり諦めて行くまでに時間がかかってしまったりするわけです。「これだけは・・・」と思える事というのは、自分の弱みのようなもので、やはりどうしても変え辛いものだったりします。でも、問題ありません。今の時代からは、それはそれで自分自身の流れと付合って、ゆっくり溶かしていくだけです。元に戻って、やはり今の時代はとてもシンブルになられている方がとても多いと思います。ですから、不安というものももう、あまり無くなってきているかもしれません。
  • 不安というものは、複雑な世界の中ではびこるものです。複雑な世界観に住んでいる人は、不安が多くならざるをえないのです。つまり複雑だと光の通りがよくないのです。隙がないくらい頭が複雑だからです。光の通りがよくないから陰になりやすいのです。光の通りがいいのは、思考が少なくシンプルであることです。光の通りをよくなると、ポジティブになってしまう。なろうではなく、なってしまうのです。それは、光が通りにくい複雑状態とは反対になるからです。光が通りにくい複雑な状態だからこそ、暗い世界観になりやすいのです。それが不安をいつも呼んでしまうのです。
  • ですから、「 いまここ 」に在るよう生きている人は、思考にあまり無く、思考に踊らされなくなるので、複雑に生きようがありません。 思考が止まる この瞬間瞬間に生きていますから、複雑になりえないのです。ポジティブで居られるから、ポジティブな事を沢山引き寄せられます。だから余計にポジティブでいられる、循環の中にいるのです。👍
  • つまり、不安の原因は、複雑な思考の考え癖でもあるということです。その考え癖はいつもネガティブの方に進んで行きます。すると、どうしょうもない閉ざされたネガティブな部屋に入り込んだようになります。それは一時的な錯覚です。この錯覚を地球の多くの人々が創って、体験しているのが三次元地球です。簡単ですが、楽しい事、嬉しい事に 今この瞬間集中するのです。
  • 自分にとって花を育てる事に没頭できならそれに今この瞬間没頭したり、映画見る事が楽しいなら その韓流映画に没頭したり、何かのワークやることが一番楽しいならそれに没頭して行けばいいのです。今のこの時代の波動は、「 意識を向けたものが繁栄、増殖 しやすい 」からです。ですから、楽しい事に意識を向け続けて不幸にはなりにくいのです。(ここ、ポイントですね😇)

「放っておけない」事が引き寄せられる

  • テレビだけが独り勝ちの時代だった昔と比べて、いろんな情報が選べるようになった分、多くの人々のエゴは正確で真実な情報をさらに欲しがるようになりました。つまり放っておけないような、氣になる事が増えたということです。人によってですが。笑 この幻想の世界では、外側に一生懸命に真実を見つけようとしても、見つかるように見えて、あるように見えて、本当は無ったりします。だからこそさらにムキになって深堀りしてしまうのです。
  • エゴというのは、この世界にいつも正しい真実があると信じているのです。そして、真実のようなものを 「 一時的に信じて、ゲームに熱中する 」のです。そして、飽きるまで(💧)手放しません。結局今の時代は、 どうでもいい事に絡みすぎ、どうでもいい事に 小さく小さく考えすぎたりする時代 かもしれません。大きく考えても、小さく考えてもあまり変わりはあまりませんが、ただ小さく沢山考えるような生活ですと、どうしても、些細な事で動揺してしまうようになります。

次から次へと問題が・・

  • つまり浮き沈みが激しくなるということです。あまりにも、情報過多により、小さな事にも反応しやすくなるマインドかもしれません。ですが、あまりにも細かく氣を遣わなけれはならないのは、やはりシフトとは逆です。それは、この目の前に熱中しすぎてしまっているからです。情報過多の時代に熱中しすぎるものがありすぎると、飽きても次から次へと、エゴが刺激を求めて渡り歩く事になります。
  • それは、穏やかさ、軽やかさとは逆位置になります。このテーマの「 放っておく 」という事がなかなかできません。目の前に助けなくてはならない人がいたり、仕事場で相談乗られるような事がおきたり、いろんな放っておけない事が沢山でてきたはずです。でも、それは、些細な事を沢山意識を向けすぎて、あまりにも自分のマインドが放っておけない事だらけになっているからです。つまり、放っておけない事をつねに意識して、待っているマインドなので、そのような 放っておけない事が引き寄せられているだけのです。
  • つまり助けなくてはならないような人を引き寄せているだけです。そして放っておけないゲームに熱中していくのです。厄介なマインドだと、厄介な事が引き寄せられるとも言えます。逆に複雑な事に首を突っ込まないような心境に居る人には、ゴチャゴチャしたことがやってこなくなります。そして必要最低限の事だけしか来なくなるようになります。放っておけるような人というのは、言葉を変えれば、「 物事をそっとしておける 」ということです。 ありのまま とも言えます。
  • このそっとしておく、ありのままにしておく ということが、老子で言えば、タオの道といってもいいわけです。それはハイヤーと共にいる流れのまま となるわけです。本当の自分というものが、難しく言えば、「 氣づきの意識 」「真我」とするならば、いつも観察しているだけの意識です。それは ジャッジしたり干渉したりしません。ですから、放っておく、とか、そっとしておく という事自体が、実は ありのままの最高のパワーのあるところなのです。まだ人類はこのパワーが解ってないかもです。 
  • エゴの世界は何かすることでパワーを強調します。でも本当のパワーはありのままであることが本当のパワーの源泉です。つまり、放っておくことや そっとしておく事は エゴから見ると消極的なのですが、エゴの逆からみると、最高のパワーフルなことなのです。ですから、良い意味で無関心になるという事でもあります。無関心となると、エゴは行動こそすべてと考えるので、イライラしはじめるのです。
  • しかし、シフトとなるその逆で、「 自分の時間の流れの中での「間」を大切にする 」ということなのです。 思考過多の場合、自分の時間の中に「間」のような何もなかったりします。いつもいつも隙間を埋め尽くすような行動で埋まっているでしょう。ところが、思考と思考の間に「間」が沢山現れるようになると、本人から出る周波数も極端に高度になっているのです。その時が止まったようないまここの「間」がその人の一日の時間の中に、現れているからです。
  • 例えば・・・ 思考が出てきたとします、しかしその思考がやがてきえて・・・・
  • そして気づき、時間がとまったようにありのままになり・・・・・
  • そして時間がとまったような輝きがある・・・これが「間」です。、
  • そしてまた、しばらくしてまた自然と思考が出て来てる。このように、時間の中で存在する「間」があればあるほど、繋がってる事になります。思考が出てきたあとに、時が止まったようになり、外の日光の光がとまったように感じ、そのとき鳥の鳴き声がして、目の前の花は風でゆれている景色をみているだけ。感じているだけ・・・・それに気づいているだけ。そして自然とふわっと そのあとに思考が出て来て、そして消えていく。
  • この空間のような止まった感じが、いまここ です。 このいまここに居るときが長く長くなれれば、長くなれれば、そこにいることが楽しくなります。なぜなら、自分の神の本質を垣間見れるからです。なんて大人のスピリチュアルなんでしょうかww円熟してますよね?それには、そっとしておかないと・・・・ほうっておかないと・・・・空間の中でとまれないのです。
  • 止まれないということは、大切な輝きを人生から失います。だから、それを解ってしまった人は、いまここを大切にしているのです。思考のない空間こそ、自分の中から美しい美を醸し出してくれるからです。

凄さを羨む時代から、楽しさを共有する時代へ

「みずさわかいれんsan」の記事から抜粋しています。参考になる箇所をどうぞ参考に。😇

  • 世界は毎瞬毎瞬組み立てては崩しまた組み直すレゴブロック。
  • 食品レプリケーターは技術なので分子結合。素粒子は意識なので仙人やヨガマスターが空中からパンを出すのが量子の物質化。働き掛ける領域が違う。
  • 自分=世界なので「あんな世界は許せん」「こんな世界はケシカラン」と否定すれば自分を否定する事になりケシカラン人生になる。エゴはすかさず「だって戦争ガー」「人身売買ガー」と喚くが何万年も蓄積した分離が物質化しているのだからネガティブが顕現するのは当たり前。たった今からどんな世界だろうと赦し受け入れる事で、世界が自分を受け入れ始める。
  • 今まで避けていたりやらなかった事をするとルーティン世界が入れ替わる。
  • 凡ゆる生物は身に危険が迫らない限り出来るだけ体力を温存しようとし、命に関わる事態に陥って漸く本氣を出す。そうやって何億年も生き延びて来たのだから比較的安全な日本の目覚めが遅いのは当たり前。社会生活を送る立場としては不利になるが、生物としては正常な反応。
  • 先住民族は宇宙人の遺伝子が純粋な状態で残っているので直観が鋭い
  • 記憶喪失の主人公が自分の出自を知る旅に出る物語。(👍)
  • 植物や藻類の波動は精妙で、食物連鎖が上がるほど波動は粗くなり、頂点の人間の肉が最も波動が粗い。人肉食を続けると思考力が低下し怒りっぽくなる。流行語「キレる」辺りからヒト由来成分混入が著しい。
  • 摂理は完璧で今の自分に丁度良い事しか起きず、氣付けばミッション終了氣付かなければ再テスト
  • 監獄とは支配者にとって都合の悪い人間を幽閉する場所。監獄惑星地球。
  • 高次領域には犯罪が無いので刑務所は無く、貧困も無いのでホームレスもいないしスラムも無い。しかし医療は有る。
  • 地球には天才の魂しかおらず、地球人の天才性を削ぐ為に債務奴隷制度が存在する。天才性を発揮すると光が強まり監獄惑星では無くなってしまう。地獄ゲーム終了
  • カネに価値は無く魂に価値が有る。肉体は魂の3次元プリントで細胞にも魂のカケラが存在する為、魂を欲しがる連中は人肉を喰らう。
  • マトモな地球人が増えたのは次元上昇だけで無く、正常な人間が意見を出せる環境が整って来たから。これまでは大声で喚く狂人ばかりが目立っていた。
  • 殆どの魂は今世が最後の3次元転生で、これまでで最も波乱に満ちた選択をする。1回の人生で2回分生きる為に両方の性別を体験したり、数回分生きる為に何度か死に掛ける。駆け込み転生であれもこれも詰め込みイベント盛り沢山で大変だが、学びも多い。
  • TVがつまらなくなったのは予算が足りないせいも有るが、インターネットの普及で人々のタレント性が向上し民度も上がったから。誰もが発信源となり世界中から注目される事が可能で、一部の特権階級だけをわざとらしくチヤホヤする手法は通用しなくなった。
  • 閉園間近の遊園地で最後のアトラクションを選んでいるのが今世。(😇✨✨)
  • ワクチン打とうが5G全開だろうが核が爆発しようが生き残る人間は必ずいる。海が干上がり大量の魚が死に絶える中、僅かな個体が陸に上がり生き延びたのと同じ。少数でも生き残れば種族全体としては成功。地球は実験場、被験者は自らを実験台にする目的で転生したE.T.。つまり今世地上に来ている我々
  • 世界は自分の中に有り、現実を創っているのも自分だと知ったのだから、後はその力を望む方向に使うだけです。わざわざ地獄を生み出して「地獄だ地獄だ」と騒いでも疲れるだけです。

コロナはウィルスでは無く政治だった 「地球人の歩み

  • 現時点では先進技術が無い為インフラ整備がネックですが、フリーエネルギー公開で電気ガスが使え水道管無しでも水は移動させられWi-Fiが届かない場所もQフォンが対応します。狭い都心に住むメリットが消え、誰もが千坪の土地に住み仕事はバーチャル空間が実現しそうです。一方、TPPに始まり種子法種苗法改正で農業が追い詰められ、山田正彦・元農林水産大臣がモンサントの種💧💧を買わされなくて済む様に動いていらっしゃるので、我々の味方になって貰える議員先生を探して応援。
  • 我々の税金を大量に注ぎ込み支配者が政府に命じてやらせている人口削減計画があからさまで隠す氣すら無いのは連中がそれだけ焦っているのか、それともノルマ達成間近で大量死確定なのか。グレッグさんの説明とも通じる話で、常に一般市民が負けて損するシステムになっている事が分かります。コロナはウィルスでは無く政治だった訳ですが、いずれにせよ今の自分に出来る範囲で動くしか無いので、心許ないながらも僅かな可能性の有る所にエネルギーを注いで行きましょう。

わたしが個人的に響いた部分を太字にしました。あなたが響いた所はどこでしたか❓❓

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)