【qアノン】軍事裁判、スーザンライス(元上司はオバマ)を有罪に

【qアノン】軍事裁判、スーザンライス(元上司はオバマ)を有罪に

軍事裁判で、もう絞首刑になったようです。

  • 涙を流して、「私は何もやってない・・・」。ライスには、絞首刑執行人の縄を避ける多くの機会がありました。
  • 軍は、ライスが彼女の元上司であるバラク・フセイン・オバマに関する犯罪情報を提供することを望んでいた。彼女は最後までオバマ側に立った、ということですね。彼女の魂もまた生まれてくるときは違う体験をすることでしょう・・・

グアンタナモ湾の軍事法廷

  • が彼女の反逆罪を認め、国とその市民に対して犯された犯罪のために彼女を死刑にすることを勧めたわずか1か月後、水曜日に米海軍裁判官擁護総隊は元国家安全保障補佐官スーザン・ライスを絞首刑にした。
  • 最後の言葉はないかと尋ねられた涙のライスは、彼女は何も悪いことはしておらず、合法的な命令に従っただけだと言った。彼女の処刑はあまりファンファーレなしで行われ、彼女は昨年4月にヒラリークリントンを処刑するために使用されたのと同じ装置で亡くなりました。
  • ジョン・G・ハニンク副提督は、午前9時に死刑執行の詳細を命じ、ライスの首を折った。主治医は彼女の死を宣言した。

執行を監督することに喜びを感じていない

  • ジョン・G・ハニンク副提督は、死刑執行を監督することに喜びを感じていないと述べたが、義務が「不快な事業」を行うことを義務付けていることを認めた。
  • 「今は厳しい時代であり、時には不快なビジネスを強制することが求められています。これらの人々は社会が提供しなければならなかった最悪の事態の1つであり、この世界からの彼らの離脱は地球をより良い場所にし、私たちに未来への希望の輝きを与えることを覚えておく必要があります」とハニンク中将はライスが死ぬまで首にぶら下がっているのを見るために集まった。
  • 軍のディープステートパージに関与した情報筋は、米が逮捕時と軍事法廷で示したストイックな沈黙からの急激な逸脱である、最後の数日間を涙で捕らえたまま過ごしたとReal RawNewsに語った。

彼女はこの4、5日間はある状態

  • 「彼女は自分の独房の隅で、膝を胸まで引き上げて、無実だと叫びながら身をかがめた。彼女は、食事を持ってきた警備員に、何でもできるように、彼女を手放すように頼みました。
  • 彼女はディープステートの同盟国が彼女を湧き出させることを望んでいたと思いますが、結局、彼女は彼女にふさわしいものを手に入れました」と私たちの情報筋は言いました。

執行を避ける多くの機会があった

  • ライスには、絞首刑執行人の縄を避ける多くの機会がありました。
  • 軍は、ライスが彼女の元上司であるバラク・フセイン・オバマに関する犯罪情報を提供することを望んでいた。彼は、法を遵守するアメリカの愛国者を奴隷にするためのディープステートの努力を依然として首謀していると軍は信じている。
  • 「これらの人々に対するオバマの支持は注目に値する」と私たちの情報筋は言った。
  • 「米は彼をあきらめませんでした。ポデスタは彼をあきらめませんでした。クリントンは彼をあきらめませんでした。しかし、それはJAGが彼に対して訴訟を起こすことを妨げるものではなく、オバマが同様の運命を共有するのは時間の問題です」と私たちの情報筋は言いました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)