【qアノン】JAGによる「ビルゲイツの軍事法廷」続編・有罪判決!

【qアノン】JAGによる「ビルゲイツの軍事法廷」続編・有罪判決!

  • ワクチン打とうとしている方思いとどまってほしいです‼️ 

もう、終わりが近いにもかかわらず(DSはどこまで行ってもDS、知ったこっちゃないというヤツら)2回目どころか、3、4、、と新たな毒企画とか⁉️ さらに削減キャンペーンを実施したいと思っているでしょう・・💧

wクチンパスポート及びwクチン強制接種への法改正に断固反対する嘆願書にご署名頂ける方はこちらからぜひ‼️ どうぞ。👍

昆虫型レプたち⁉️ 十分しぶとい。。。

「世界を支配する方法」というプロジェクトに関する膨大なメモ。ワクチン業界の乗っ取り。主要な製薬会社 ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンなど多数の株も所有‼️ お金の流れは正直です。

お金と支配にまみれたDS思考。ワクチン・キャンペーンがいかに世界的な医療利権か、、これだけでも十分に偽善の実業家というその人柄が伝わってきます。

以下、追加情報もシェアします。

軍の囚人ビル・ゲイツ

  • 決着がつきました‼️
  • 役員は満場一致の決定に達するのに1分も必要としませんでした。
  • 彼らはゲイツがすべての容疑で有罪であると認め、彼の残虐行為のために絞首刑に処せられるように求めた。ハニンク中将は、2021年10月5日の死刑執行日を設定しました。
  • グアンタナモ湾の軍事法廷は、マイクロソフトの創設者であるビルゲイツを、人​​身売買、小児性愛、陰謀、マネーロンダリング、殺人、公衆衛生上の危険などの罪で有罪判決を下しました。
  • 米海軍裁判官の提唱者の将軍の軍隊は、弁護士のデビッド・バルアルテと対決します。ハニンク中将がゲイツのワクチン業界との不法な関係の追加の証拠を提示。
  • ゲイツ氏のパーソナルサーバーから入手した文書は、米国のワクチン販売業者からの「軽い」抵抗に会った後、2011年に貧困に苦しむインドの41,000人の子供たちに「死に至るまで深刻な副作用をもたらす」ワクチンをどのように配布したかを概説しています。貧困層を荒廃させていた「スーパーポリオ」の菌株に対して絶対的な免疫を与えました。
  • ワクチンは、ポリオに対してレシピエントに接種するのではなく、ポリオを悪化させ、40,000人以上の子供たちが不自由または死亡したままになりました。
  • ポリオの症例は確かに増加していますが、神秘的な「スーパーポリオ」は、ゲイツと国際的なワクチン販売業者のコンソーシアムによって発明された純粋なフィクションでした。(💢)
  • ゲイツ氏は、誠意の印として、しばしば経口投与された製品の管理を手伝うためにインドに旅行したことさえありました。
  • ★続きは記事をご覧ください。

ビルゲイツ軍事法廷 4日目

  • ビルゲイツ軍事法廷ー 4日目
  • 先週の水曜日に行われた3日目の終わりに、米軍は、ゲイツまたは彼に代わって人々が、身体の臓器をゆっくりと侵食し、最終的に死を引き起こすように設計された実験的インフルエンザワクチンを少なくとも250人の無防備な人々に注射したことを証明する証拠があると主張。
  • ゲイツの弁護士であるデビッド・バルアルテは、クライアントと個人的に話すことができるように求めました。
  • 裁判が木曜日の朝に再開されたとき、バルアルテは、死体を発掘して検査するために独立した法医病理学者を雇うことができるように、250人の犠牲者とされるすべての死体を手に入れるように米国海軍裁判官擁護総隊に要請した。
  • 「しかし、それはできませんね、ハニンク中将? なぜできないのか知っていますか?それらの人々は存在せず、注射は決して起こらなかったからです。あなたは彼が友達と行ったロールプレイングゲームに基づいてこの男を起訴しようとしています。これ以上何もない; それ以下ではありません。彼らは病気でしたか?はい。彼らは犯罪者でしたか?いいえ。この審判は偽物です」とバルアルテは言いました。
  • しかし、ハニンク中将はバルアルテの挑戦に備えているようだった。「ビル・ゲイツは傲慢でナルシシストだ」とハニンク中将は被告人を指差しながら言った。
  • 発掘する遺体があったとしても、20年後には多くのことを見つけることができるかどうかは疑わしい。しかし、ビルは発掘が決して起こらないことを確認しました。場合によっては、被相続人の最後の願いを無視して、全員が火葬されました。」
  • 彼は、2001年8月にシアトルタイムズで新進のゲイツ財団が発表した広告を審判に示。広告は、5年間持続し、人体と自動的に相互作用する「革新的な」インフルエンザワクチンを受け取るボランティアを求めました。
  • 季節性インフルエンザのまだ未知の亜種と戦う。広告が続いた参加者は、65〜75歳である必要があり、心臓病や糖尿病などの慢性疾患はありませんでした。悪魔のような調合を受ける人は、一連の秘密保持契約と、ゲイツ財団、マイクロソフトコーポレーション、および薬物が投与されたハーバービューメディカルセンターの「死んだ場合」を免除する権利放棄に署名する必要がありました。さらに、いわゆるワクチンを受けたことに起因するいかなる非難に対しても、当時のゲートのバイオテクノロジーパートナーであるカイロンコーポレーションを補償しました。(準備周到💧)

★長文ですので、続きは記事をご覧くださいね。

ビルゲイツ軍事法廷  3日目

  • ビルゲイツ軍事法廷— 3日目
  • 先回は小児性愛今回は世界を揺るがすテ-マ、ワクワクの仕掛け人として逃げられない証拠があります。
  • 彼の弁護士であるデビッド・バルアルテ。ゲイツのいない世界は、と彼は法廷を歩きながら、悲惨で、深く、暗い絶望の穴であり、優しさと品位を失い、現在地球を悩ませているよりも多くの病氣に満ちているだろうとバルアルテは言った。
  • ゲイツの軍事法廷の3日目は、彼の弁護士であるデビッド・バルアルテから始まり、彼が準備した声明を聞くよう裁判所に懇願した。
  • 米海軍中将のジョン・G・ハニンク中将は、簡単な声明を許可すると述べた。しかし、バルアルテの簡潔さの概念は、法廷に懇願することを意味し、軍隊において、罪のない男性を起訴することで戒告した長引いた攻撃において無実の男を起訴したことで軍を非難し、しかしゲイツの社会への貢献がなかったらアメリカがどれほど悲劇的であるかを強調した。
  • 彼はゲイツの慈善行為を宣伝し、ゲイツは人類がこれまでに知った中で最も偉大な慈善家であると述べ、ゲイツの無私の態度から恩恵を受けた慈善団体のリストを8分間述べました。
  • 彼はゲイツが日常の人々にもたらした技術的成果を自慢し、ゲイツの卓越した技術がなければアメリカは暗黒時代に押し戻されたであろうと述べた。
  • 「ビル・ゲイツはこれまでも、そしてこれからも先見の明があります」
  • 「そして彼の専門知識、発明、そして彼の優しさは数千、数百万の命を救いました。」
  • “終わりましたか?” ハニンク中将が尋ねた。「この審判はあなたの演劇を十分長く楽しんできたと思います。」
  • (★詳細の続きは記事をお読みくださいね)

ビルGが裁きを受ける日・ 2日目 (2021/08/31)

  • ビルゲイツ軍事法廷:2日目
  • その後、ハニンク中将は水曜日の朝まで審判を休会させ、ゲイツ氏とビッグファーマとの居心地の良い関係に焦点を当てて一日を始めると述べた。次回は大製薬会社との話です。
  • ビル・ゲイツの軍事法廷の2日目の初めに、彼の弁護士である不名誉なデビッド・バルアルテとともに、敵意は新たな高みへと急上昇しました。(詳細は記事をどうぞ)
  • ⚫︎仮病を使って長く延期されていた法廷が再開
    ⚫︎ゲイツは世界中の人に勧めながら自分が摂取していないことも証明された
    ⚫︎子どもの人身◯買容疑を追求(★多少ショッキングな内容を含むのでご注意ください)

ビルGが裁きを受ける日・軍事法廷1日目(2021/8/23)

  • ⚫︎Real Raw News  記事より

2021/8/23 ゲイツの軍事法廷を予定

  • 米海軍裁判官擁護総隊は、ビルゲイツの軍事法廷を予定し、マイクロソフトの創設者は有罪判決を受けた小児性愛者ジェフリーエプスタインとの人身売買リングの運営から 一見良性のワクチン接種が行われる計画の考案に至るまでの犯罪に答えることが期待されています。
  • 人間の脳の大脳を侵食するように設計された化学物質と合成ナノ粒子で汚染されています。

軍はすでに必要なすべての証拠を持っている

  • ゲイツには知られていないが、軍はすでに必要なすべての証拠を持っている。ゲイツが独房に座っている間、軍はゲイツが所有する全国の12の不動産を同時に襲撃し、コンピューター、ラップトップ、紙など、考えられるすべてのものを押収しました。

世界を支配する方法ワクチン業界を乗っ取

  • これには、「世界を支配する方法」というプロジェクトに関する3,000ページのメモが含まれます。ピンキー&ブレインの漫画のように聞こえますが、JAGはそれが正当であると信じています。
  • 要するに、それはワクチン業界を乗っ取り、レシピエントを殺すか、彼らを無知な奴隷に変える化合物でワクチンを汚染することを説明している」と私たちの情報筋は述べた。
  • 偶然にも、ゲイツはワクチン業界に定着し、すべての主要な製薬会社であるメルク、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン、ロシュ、ノバルティス、グラクソ・スミスクラインのかなりの株式を所有していました。
  • 彼は業界に莫大な金額の現金を注入し、その結果、彼の投資で莫大な利益を得ました。
  • JAGの関係者がゲイツに「世界を支配する方法」の議題について質問したとき、マイクロソフトの第一人者は、ドキュメントはマイクロソフトの創設直後の1975年に彼と元パートナーのポールアレンが最初に考えたビデオゲームの単なるテンプレートであると主張しました。
  • ゲイツ氏は、その時代の時間的制約と技術的制限のためにゲームのアイデアを棚上げしたが、退屈を軽減するためにそれを概説し続けたと述べた。
  • 彼は慈善家であり人道主義者であり、他人への暴力が彼の善良さに正反対であったため、魂を傷つけたことは一度もないと述べた

国内外の資産を凍結

  • JAGが5月17日のゲイツのワイオミング牧場での襲撃中に軍が押収したSDカードのビデオで彼に相対したとき、ゲイツは彼の富について自慢し始め、彼の釈放と引き換えに彼らを非常に裕福な男性にするだろうと軍の捜査官に言いました。
  • その後、ゲイツはリアリティチェックを受けました。彼は、JAGと軍事委員会の事務所が彼の財産を「流用」し、国内外で彼の資産を凍結したと言われました。「その時点で、ゲイツ氏は弁護士を要求した後、再び静かになった」と私たちの情報筋は述べた。
  • 最後に、私たちの情報筋は、ゲイツの元妻メリンダを含む少なくとも6人の目撃者が8月23日にゲイツに対して証言することが期待されていると付け加えた。

ウィリアム・バー元司法長官 最期の日(2021/08/13)

関連情報

今回もご氣げんブログにお越しくださりありがとうございます。この画像で浄化をどうぞ。😇。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)