【qアノン】いま、世界中に敷かれた◯フィア的犯罪の最中・・・

【qアノン】いま、世界中に敷かれた◯フィア的犯罪の最中・・・

こんにちは!

セラピスト&カウンセラーKUMIKOのごきげんブログに今日もお越しくださりありがとうございます!

ドイツの専門家たちの素晴らしい動画、5月に実際にドイツで行われた医師と専門家による記者会見の動画です。ぜひ一度、ご覧になってみてください。詳細についても少し、書いていきますね!

参考になればと思います。

情報元はこちらです。 ➡︎★【拡散】ドイツの医師団達が記者会見!ビル・ゲイツのワク⭕ン、マス⭕強制反対!世界的茶番劇?!基本的人権の自由を主張!

医師団たちの記者会見

  • ドイツのドクターたちが記者会見を行った(その内容です)
  • Heiko医師いわく、『啓蒙のための医師団』
  • 感染回避対策が過剰であることを公然と批判
  • 私たちが体験中の対策は、抑制に対する適切な処置とは無関係
  • 抑制されているのは何(誰)なのか
  • 567ウイルスと季節ごとのインフルウイルスはほぼ同じで、本来なら良いニュース
  • 悪いニュースは皆がパニックを体験していること=詐欺のトリックである
  • 世界中に敷かれたマフィア的犯罪の最中にいるということをこれ以上見逃してはならない
  • 証拠にあげられるのはBhakdi教授、Wodarg医師、そして私自身のインタビュー動画である
  • ウエブサイトに載せてありますがインターネットまでが567による『外出規制』に引っかかる前に証拠動画をご覧ください(笑)
  • 5月8日に30万部刷られる新聞記事にも公表しました(無料でダウンロードできます)
  • 最終的に明確に警告しておかねばならないのは残念なことに現在計画されているワクチンの中には何が含まれているのか安全だという証拠がない、ということ
  • これに関して非常に重要な形跡と証拠があり、我々のウエブサイトでも公表している
  • WHOによる予防接種キャンペーンがケニアで施行され、そのアンプルの中に秘密裏に、繰り返しますが「秘密裏に」妊娠に関するホルモンが混入されていた
  • このワクチンと共に不妊のための薬剤が投与された
  • 学術的な証拠は医学論文として入手可能
  • その他さらに、複数の医師、20人以上の司教の証言もある
  • 今一度警告したい、ワクチンには何が入っているのか分からない
  • なぜこのような大袈裟な対策が施されているのか・・
  • 医学的にも科学的にも証拠はすでに明らかなのに、です
  • なぜ、この教授や医師などのような「主流とは異なる意見」は封じられてしますのか
  • なぜまるでワクチンのみがたった一つの解決法であるかのように公の提唱され、免疫システムの本来の意味とその強化については全く報道されないのか
  • 実際にドイツ公共放送でゲイツの新ワクチンのみと布告できるのか
  • ゲイツのこれまでの数々のワクチン配備が世界各地で散々たる結果になったことを思うと不思議でならない
  • 「通常の手順を端折らねばならない」などと、なぜ言えるのか
  • テストを行わないワクチンは重度の健康被害を伴い副作用が危惧されるのに、である
  • なぜ、人々が恐怖とパニックに陥るような感染症拡大予測を唱えるのか
  • 次に絶対死亡者数など、なぜ、内務省は「最悪の事態」を描きだして民衆にショックを与えようとするのか
  • なぜ、メディアはデモ参加者について一方的な描写報道をするのか
  • ゴシップ誌でさえ政府による頑強な567対策に異論を唱え早急な取り下げを要請している
  • 今政府が目論んでいるワクチンとか、監視下におかれた「新しい自由」などは御免こうむる(中国のような監視下の恐怖のシナリオ)
  • 私たちは団結し、他の同志とも交流できることを希望する
  • すでに、賛同する医師や専門家など支援者は現時点で1500人

マスクの義務化は全くの不適格

  • 567ウイルスは直径20ナノメートル(ものすごく小さい)
  • これを遮断するにはマスクの目は1000倍以上細かくなければならず
  • そうすると、呼吸は不可、窒息死に到る
  • 市場に出回る何億というマスクは全く無意味で見過ごせない経済負担
  • さらに、繊維にはチリがたまり繰り返し使用で呼吸器が深刻な病気にかかる
  • マスクの義務化は医学的に全く支持できない
  • 受け入れることは屈辱的な忍従である抵抗心が湧き上がる

資金源はどこから?

  • 新聞に記事を公開するための資金は誰が出しているのか?
  • 規制対策を推奨する側からみると、どこかから膨大な寄付を受け取っていたりする(ゲイツ財団から2億4千万円という巨額の寄付を受け取ったと最近聞いた)
  • 他の機関も同様で、しかも、重要な医療機関もゲイツ財団から寄付を受けている
  • 567が世にも恐ろしい強力なものでまるでペストのごとく論じられているが、そうではない
  • 国内のみならず国際レベルで正しくないことが主張され数々の疑念が起きました
  • 例えばWHOは、一般人に支えられた資金援助(大半はゲイツ)が複数の国家に向けて対処法の指示を出すとは如何なることか?
  • これに対しての答えは依然としてないままで、これこそ明らかにせなばならない

私たちを動かしたもの、『抑圧』

  • 自由的基本権が脅かされた、自由が侵された
  • 自由的基本権が全面的に復帰されるまでやる続ける
  • 政府による介入が経済システムの崩壊の中にある
  • 総勢をなして企業はつぶれ、多くの人が失業
  • さまざまな考えや生き方が許容される経済活動が保護されていない
  • お上に一歩的に規制が押しつけられることがあってはならない
  • 私たちは自らの生き方、財産管理、生産法を個人の権利で選択できなければならない
  • 生存率99%の感染症に世界中がワクチンが必要と騒いでいる異常性に、いい加減に氣づかないといけない

世界レベルでの◯フィア的犯罪の最中にある私たち。表で起きていることと、表面の現実を逆手に取り、裏で極秘に進行中の支配層の静粛劇。闇を光の統合が同時に起きている現在の地球という星での体験。

どちらもわかっている私たちには、素晴らしい希望に満ちた未来が待っています。心と手を取り合って団結。穏やかに、意思は持って、楽しんで進んでいきましょう。

この記事が、あなたの氣づき・未来への希望につながれば幸いです。今日も最後までごきげんブログをお読みくださりありがとうございます! 😇。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)