アラブ首長国連邦・大統領の死亡 その意味は?何が起きているのか

アラブ首長国連邦・大統領の死亡 その意味は?何が起きているのか

ホワイトハットの代名詞・佐野美代子さんの記事からです。以下、どうぞご覧ください。このDS側の人の死は、とても重要です。裏側で何が起きているのか⁉️ 

Q)ストームライダー /公式ページより(5月13日2022年)

クリントン財団と「う」の国との繋がり

  • アラブ首長国連合の大統領であるシェイク・ハリファ・ビン・ザイード(Sheikh KhalrifaBin Zayed)が73歳で、5月13日(金曜)に亡くなりました。
  • 彼はクリントン財団のマネーロンダリングと現在のウクライナのマネーロンダリングを行っていました。しかし、実は、ビンザイードは[ INFILTRATION ]によって解任され、交代していたのです。ブラックハット>カビ>シェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーンは、配置された俳優です。

裏の話

  • ビンザイードは、外国の石油と外国の援助金を預かっている(いた)。>Bidenがアラスカ/メキシコ湾の石油・ガスリースを中止させた1日後にビンは死亡。ビン・ザイードは世界で最も裕福な支配者の一人であった(フォーブス誌)。ブラックロックを含む世界中のペーパーカンパニーに秘密資産を有していた(トップ投資家の名前は公開されていない) 彼はCABAL内部のディープステートのエージェントで、イギリスの王立陸軍士官学校に行き、イギリスがこの地域の統治を引き受けたとき、ビン・ザイードはUAE軍と国防省の指導者に任命された。
  • ザイードは世界経済フォーラムを主催し、彼らに数十億ドルを提供した。 彼はまたカダフィ大佐を倒すために、NATOを助け、資金を提供したのです。カダフィは持っていた金(ゴールド)のために殺されました。カダフィ大佐は世界銀行に参加せず、金本位制に戻そうとしていたのです。ザイードからの資金調達とマネーロンダリング、軍需品のサポートで、カダフィ大佐の殺害はクリントン夫妻とDSが計画したのです。
  • ウィキリークスの中で、ザイードは外国の軍事請負業者とつながり、ブラックウォーター(CIA、クリントン、カバールの傭兵. 軍事請負業者)への資金提供につながった。結局ザイードはブラックウォーターを直接雇用して、UAEのために働かせた。(このクリントン・国務省とUAEの軍事請負業者の違法行為は、多くの機密情報の共有と戦争犯罪に関与した)
  • 米国諜報・軍関係者3人が、アラブ首長国連邦に高度なコンピューター・ハッキングと技術を提供したことを認めた。このクリントンとブラックウォーター社のスパイ作戦は、トランプ大統領や他の世界の指導者のコンピュータをハッキングする能力をアラブ首長国連邦に与えた。(幸いにもホワイトハットは監視していた)

これは何を意味するのか?

  • ザイードは裏切り者で、彼の死の2年前に、すべてのデータ、情報、サーバーはホワイトハットとアライアンスに渡された。トランプ大統領の個人的な同盟者であり友人であるサウジアラビアのビン・サルマンは、過去3年間、ザイードに対する秘かな作戦の先頭に立ちました。 そして彼を寝返らせたのです。 
  • 新しいリーダーは. インストールされています。ブラックハットの作戦を混乱させるために。裏では、人は死んだり、殺されたり、ある者は裏切り、役を演じています。

フィンランドが・・ 旗に注目

NATOに加盟。

  • フィンランドの空軍の公式な旗には「スワスティカ」が描かれています。2020年6月まで、この旗で街中を行進していたのです。 フィンランド人はナチスに好意的なのでしょうか???
  • これは2020年までフィンランド空軍の旗でした。彼らがNE0-NAZlアゾフ大隊を支援しているのも不思議ではありません!

カダフィ大佐についての真実

  • カダフィはワクチンのことを国連で警告しています! (国連にて カダフィ大佐)
  • 「今日は豚インフルエンザがあります。おそらく明日は魚のインフルエンザがあるでしょう。なぜなら、私たちは時々、ウイルスをコントロールすることによってウイルスを作り出すからです。 それは商業的なビジネスである。資本主義的な企業は、予防接種を製造し販売するためにウイルスを製造しているのです。これは非常に恥ずべきことです。
  • カダフィ政権時代、リビアはアフリカで最も高い生活水準にありました。彼は、優秀な学生を海外の大学に進学させる奨学金制度など、素晴らしい教育システムを構築しました。石油収入で国家が成り立っています。世界最大の灌漑システムを持っていました。
  • カダフィ大佐は、すべての国民に無料の医療と無料の教育を提供することを信じ、実行したため、英雄になった。彼は、この国のすべての市民に安価な住宅を提供した。他のアラブ諸国よりも女性の労働力が高かった。その結果、女性の識字率は最低水準から最高水準に達し、また、女性に教職や事務職に就くよう奨励しました。女性は薬剤師、医師、歯科医師、エンジニアになり、また、彼は5万ドルの贈り物を若い夫婦に与えました。
  • リビアの借金はゼロでした。 カダフィは金とリンクしたアフリカ単一通貨を作ろうとしていた。彼は負債のないアフリカを夢見ていたので。彼はそのために、金の80%または90%までの資金を提供することを望んでいました。また、アフリカが独自の通信手段を持ち、西側諸国や寡頭制に依存しないようにするために、人工衛星を購入しようとしました。カダフィのこの動きは、アフリカの欧米諸国への依存を断ち切ったのです。アフリカはヨーロッパに毎年5億ドルの衛星使用料を払う必要がなくなり、西側の銀行からの資金援助も不要になったので、西側の銀行家(DS)は怒ったのです。リビアでは電気代は無料でした。
  • リビアでは電気は市民には無料だったのです。融資の利息はなかった . 銀行は国有であった。リビアの市民は無利子で融資を受けることができました。家を持つことはリビアの基本的人権だった。 リビア人が農業を始めたいと思えば、彼らは無料ですべてを始められ、キックに農家農機具家畜を得ることができた。リビア人が必要な教育や医療施設を見つけられない場合は、政府が資金を提供して海外に渡航させ、宿泊費だけでなく、月1600ドル近くの宿泊費も支払われました。カダフィは国民から愛されていた。

嘘と真

  • 道路がとてもきれいです。今のリビアとは全く違いますね。リビアはとても美しかった。オバマが傭兵を使って攻撃する前のリビアは、どのような国だったのでしょうか。メディアはそれをリビアの反乱軍と呼んでいた。リビアの反乱軍はシリアの反乱軍に改名された。オバマはリビアとシリアで同じことをした。彼はアサドにも同じことを言った。自国民によって暗殺されたと。(
  • 西側メディアはカダフィ大佐をある種の怪物として描き、彼に対する戦争を推進し、正当化しようとした。残念なことに、国民はメディアによる反カダフィのプロパガンダに騙された。カダフィは国民のためにDSに立ち向かった英雄だった。カダフィ大佐はオバマが雇ったリビアの反乱軍によって、殴られ、悲しませられ、ライブカメラで処刑されたのです。カダフィはアフリカで最も繁栄している国の一つを率いていた。彼は革命家であり、その記憶は忘れ去られることはないだろう。

毎回、同じ、DSのやり方

  • アメリカのカバールのやり方がわかります。毎回、同じです。加害者でありながら筋書きを全く別に(逆に)してしまいます。ウクライナの問題を起こしているのもカバールです。カバールにはネオナチが多いのです。

まったく、同じ手口ですね。なのに、騙されてしまうって、知らないって悲しい。。😓 メディアって、プロパガンダって、ほんとにどうしようもない影響力を持ってます。そこを上手く利用して真逆の嘘を本当の現実にしてしまう。。本当に本当に本当に、ズル賢いヤツらですよね。😡😡😓

県内K中学の続報です

  • 3年の保護者に事実関係を確認しました(5/18)
  • 今年の3年生に、宿泊学習へ行く条件としてワクチン接種が必要だということは無かった。
  • 実際は、希望制だったから行ってない子もいるみたいだけど、理由はそれぞれ。それがワクチンを接種していないから…ということではなかった。
  • だから、家庭科の先生が何故そんなことを話したのか?は分からないけど問題。
  • 修学旅行中のコロナ対策として、電車ではなく貸切りのバス。町で移動のタクシーも貸切。

そもそも、家庭科の授業中になぜ、接種の話をしたのか⁉️ ここが肝心の問題点ですが、当事者へ事実確認はちゃんとしたのか?中学へTELを再度いれました。⬇︎

  • 全職員に対して、校長から摂取に関して注意喚起をした。が、当の先生にはまだ授業中の発言について事実確認はしていない。(対応が遅い‼️)
  • 当事者先生への確認内容を知らせてほしいと伝えた。(後日改めてTELし追求予定❗️)さらに、校内外でのマスク強要の暖和や黙食についても、(子どもたちはなかなか出来ないため)まず教師側から率先して黙食暖和(じゃなく自由化だよね、訂正しておきます)、せめて通学中や体育の時間はマスクを外す対応の検討を提案(丁寧におねがい)。

県内でも、マスクする子しない子など自由になっている学校があることも伝えると、驚いてました。市の教育委員にも伝えますが、最終的には各学校長に一任なので、その問題が起こった時点で学校長に問題提議し意見を伝えていくことが重要になってきます。調べてみてくれる校長や担任もいます。どれだけ諦めず一人だけでも学校側に行くなり、TELなり行動を起こしていかないことには始まらないですね❗️

こんな世界にだれがした?

こんな世界にだれがした⁉️ わたしたち、大人です。知らずに、知っても諦めて、諦めざるを得ずここまで来た大人たち。大人はもうお手上げでもいい。けれども、純粋な子どもたちは別。知って氣づいたならば、「だってしょうがないじゃない、言っても変わらない、どうにもできない、言えない、言わない」のは知らないフリのDS加担と変わらない⁉️ もう、立ち上がってもいいタイミングが来ました。子どもたちのために、たった一人でも大人の私たちが立ちあがろう‼️ ウヤムヤにしないで、何度でも追求していきましょう。👍

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)