【qアノン】宇宙仕様のハイテク・カフェテリアは、超栄養食&激うま

【qアノン】宇宙仕様のハイテク・カフェテリアは、超栄養食&激うま

宇宙カフェテリア(レプリケーター)のテクノロジ-

  • 例えばET多種族が食事するカフェテリア。多種族のETに合わせた食事もここでは出る。様々なETの体格に合わせて座席もあるそう。(👀)
  • (これはレプリケ-タ-でしょうね。)
  • 彼らが食事を「プリント」できると聞いているので
  • Emery: もちろんです。食べ物や調味料など全ての物質が飲み物は違うのですが、それ以外は全て3Dプリントされたものです。りんごがとてもおいしいっってエメリ-が言ってます。どうぞカフェテリアのぞいてみてください。

カフェテリアは、ハリーポッターのような世界?

  • 私たちが食事に行くような所とは全く違う。
  • 地下基地のカフェテリアの内部は非常に簡素壁はすべて透明な鏡面仕上げになっていて、壁に触れるだけで何でも好きなものを注文できます。
  • 例えば網焼きチキンとサラダが食べたいと思えば、それが壁に表示されます。レストランの店員が注文を受けて操作するようなものです。この壁を操作して自分で注文します。
  • 壁全部に表示される。それも巨大で長い壁。カフェテリアによりますが、長さは18メートルぐらいあります。それから・・・椅子やテーブルも何の変哲もない、スチール製のピクニックテーブルと腰掛けみたいです。背もたれがあるものと、無いものがあります。巨大な椅子もあります。とても小さいのも。様々な体のサイズの人々や様々な種族に合わせて用意されています。
  • 実際に壁に向かって注文する時は、とても直感的な操作で注文できるようにプログラムされています。
  • もしチキンサラダとチョコ・シェイクに決めて、それを注文したら、あとは壁の端に進んでいくと、壁の中に注文した料理がもう用意されてます。壁のガラスが上がって開いて、その中に料理が見えるので、それをつかんでテーブルに持っていくわけです。

壁全体がどこでもメニュー

  • クリックもできます。彼らは画像メニューを採用していて、様々な野菜や肉類がタイプ別に図柄で表示されています。
  • 壁全体がどこでもメニューになります。だから・・・例えば君の背丈が私より高いとしますよ。すると君が私より高い位置の壁をタッチすると、その部分が四角くクリアに見えるようになって、君の背丈に合わせたスクリーンが現れます。
  • それは壁に限らず、床でもどこでもできます。特定の場所とかは関係なくて・・・壁のどこを触っても注文できるようになっているんです。
  • 料理を手にし、少し歩くと、壁の真ん中あたりに大きく口が空いた仕切りがあります。普通のカフェテリアだったら、奥に皿洗いの人が見える、食器の返却口のような感じです。ここではその反対で、その小さく仕切られた穴の中に食べ物が出てくるんです。
  • 面白いのは、多種多様な人々の体格に合わせて、この取り出し口の高さやサイズも様々あることです。そこから食べ物を受け取り、テーブルに運びます。テーブルがこのカフェテリアの一番すごいところで、テーブルも巨大なスクリーンになるんですよ。
  • そこに座る人にもよりますが、10人から20人が一つのテーブルで食事できます。テーブルだけが置かれていることもあります。そしてテーブルに近づいていって座ろうとすると、床からスッと腰掛けが出てきます
  • みんな承知しているのが、ナイフやフォーク類、それに調味料や薬味などはすべてテーブルの中だということです
  • そこで手をテーブルの上に置いて、特定の動作をします。例えば手のひらをぺたっと置くとナプキン、2度タップするとフォークにナイフにスプーン、といった感じテーブルに手のひらをのせて引くと同時に、テーブルから実際にナプキンが出て手に取れるんです。
  • これがどういうテクノロジーなのか全くわかりませんが、引き出しなどではありません。とびらが開いて調味料が出てくる、というような仕掛けでもありません。テーブル上をタップしたり、手を引く動作をしたりして物を出すんです。やり方がわからなければ、テーブルが色々と教えてくれます。テーブルに手を置いたままにすると、直感操作のアプリが表示されます。
  • ケチャップ、マスタード、バーベキューソース、みたいに小さな画像で色々と表示されます。すべて画像です。文字は使われていません。
  • ケチャップとか何でも好きな画像をタッチしたりタップしたりすると、同じことが起きます。このテーブルの下がどうなっているのかわかりませんが、テーブルの一部が固体ではなくなって、そこに調味料がある。実際に・・・テーブルのその部分だけ透き通っていって、その下に調味料があるのが見えるんです。
  • これは本当に面白い発想の超ハイテクな技術ですし、地上に今あるものと比べて遥かに進化していて、今すぐにでも一般公開すべきだと思いますが、おそらく危険だから無理でしょうね。

どんな仕組みになっている

  • 私が臓器の3Dプリントの仕事や関わってきたプロジェクトの経験から言えるのは・・・分子や原子の構造をどうとでも再構成して、レタスの玉を人間の脳に変えたりできます。それは全部同じ仕組みです。すべては分子の中の密度(質量)と原子の問題で、それをどう再配置するかで決まります。
  • 基本的にはおそらく何でもプリントできるでしょう。そういうわけでこのシステムならどんな望みの食べ物でも簡単に作れるんです。
  • それに背後でプリントされた食べ物が、次に通る2つ目の装置が前にあって、それで食べ物を一定の温度に調理したり、冷ましたりできるんです。それはとても面白い。だって数秒のうちにやってしまうんです。数秒でミディアムレア。数秒で32度。みたいに。だから全ての料理が3分もかからない内にできてしまいます
  • この3Dプリンターはそれくらい速いんですよ。それに壁の背後で動作音が聞こえます。(笑)

普通の食べ物にはない、特別な恩恵

  • この3Dプリントの食べ物には、普通の食べ物にはない特別な恩恵がある
  • 栄養が満点を超えているんです。地上の一般的な食品には、箱の裏の原材料表示などを見るともう、添加物が恐ろしいことになっていますよね。申し訳程度にビタミンCを加えてみたり、ちょっとだけミネラルか何かを加えていることもあるでしょう。
  • 地上の世界ではそうやって最小量の栄養素を加えることもありますが、地下ではその正反対。様々なミネラルや、地上では発見されていない栄養素が超多量に盛り込まれていて、同時に地上にある有害ものは除去されています。そのような毒素や脂肪はプリントされないのです。(👀)
  • そこでの食品の栄養価は最高の上の究極だと聞きました。変なものは何も入っていません・・・ほら、私たちはこういった企業にとっては大事な資本なのです。私たちには多額の投資がされています。だから彼らは私たちの栄養面や健康面に関しては万全のケアをしてくれます。

料理(3Dプリントの食べ物)が驚くほど美味しい・・

  • Q: このプリントされた食品が驚くほど美味しく、味わい豊かで・・・まるでそれぞれの料理が想像しうる最も理想的な味に再現されていた?
  • A: それは本当ですよ。地上の何よりも味が良いです。それは細胞の質か何かに関係があると思っています。食べ物を構成する分子の質が高く、豊富な栄養素が入っていて、普通の食事に含まれる農薬などの悪いものが全く入っていないから美味しいのでしょう。リンゴひとつとっても、それまで味わったことのない純粋さのリンゴなんです。
  • そこにはある種の酵素なども加えられているので、君のお友達の言うように、この食事は消化器系では即座に消化されて、消化器への負担もありません。それは全くその通りです。(すごいね。🎵)

関心ある方は、情報元の記事をお読みくださいませ。 👉このカフェテリアのテクノロジ-が様々な分野に生かされたら・・・すばらしい(素晴らしい!!)

黄金時代の食事。🎵。素晴らしすぎる。「女性が3度のご飯の支度をしないといけない」などという時代とはまったく違う・・・。しかも、栄養満点。最高品質の材料。即座に消化。素晴らしすぎて言うことないですね〜!! ^_^。

こんな黄金時代。味わってみたいと思いませんか? もう、すぐ、そこまで来てる。wクチンなんて打ってる場合じゃないよ〜!! 細胞若返るメドベッドも体験したい。来月には日夲でもGESARAが行われるでしょうとワシントンからメッセージも来ています。

ほんとに、ほんとに、楽しみですね。もう少し、もう少し、この混沌とした嵐をあともう少し、みんなで、力を合わせて乗りきりましょう。👍。

今日もごきげんブログをお読みくださりありがとうございます。ではまた! 😇。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)