【バシャール最新メッセージ】あきらかに好転した人生とその捉え方

【バシャール最新メッセージ】あきらかに好転した人生とその捉え方

こんにちは!セラピスト&カウンセラーともだくみこのご氣元ブログへお越しくださりありがとうございます!

今回は、バシャールについての記事です。バシャールとは・・・、バシャールのメッセージとは・・・、メッセージをどう捉えていったのか・・・など、ともだくみこの目線で書いていきます。

この記事が、あなたのなにかヒント・氣づきになれば嬉しいです。

バシャールとは?

バシャール(からのメッセージ)は、私にとって、地球での人生を楽しむための道しるべでバイブル的な存在となっています。

バシャールとは、地球外知的生命体つまり、宇宙人のことですが、今から3000年後のオリオン座の宇宙存在とも言われています。じつは、私たち自身の未来の姿でもあるようです。

ご存知ない方もいらっしゃると想います。詳しくは、こちらをどうぞ参考にご覧ください。https://consultation.link/bashar/latest-message/

楽しい日課

毎日、かかさずしていること、誰にもあると思いますが、わたしの日課の中のひとつに、バシャールをはじめ、自分の興味が惹かれるメッセージに触れるようにしています。

メッセージは、ブログや動画などさまざまですが、中でもバシャールに触れると、とてもワクワクして腑に落ちて心にひびいて共感共鳴するのです。そして、バシャールのメッセージを日常に実際に取りいれてみていくと、あきらかに、人生が好転していくことが分かってきました。

日々起こるあらゆる事すべてに楽しめたり、昨日も今日も、さらに明日にもワクワクを感じて止まないという風に、「いま」を楽しんで生きれるようになっています。

バシャールのメッセージをどんな風に捉えて、どんな風に取り入れているのか・・・など、出来るだけ具体的に書いてみます。

バシャールのメッセージとは?

ここで、わたしが参考にして触れているメッセージをご紹介します。

〜以下、実際に一文を抜粋します〜

貴方は誰の力も借りずに自分の力で答えを見つけ出す事ができます。しかし、精神的に落ち込んで心が萎えてしまっている時、貴方は”手も足も出ない”と感じてしまいます。また、たとえ周囲に相談したとしても心に響く答えはなかなか見つかりません。何故ならば、貴方が求める答えは自分の中にある事を”潜在的”に認識しているからです。

しかし、心が低迷している時は何をしても答えが存在する波動域にアクセスする事はできません。ですから、一番最初で一番効果的な方法は、自分の波動を手取り早くあげてあげる事です。心を低迷させている原因となる問題は、ちょっと横に置いておいて、貴方の気持ちをあげる事、つまり波動をあげる事に徹底的にフォーカスします。

波動が上がると同時に気持ちが楽になります。もっと波動が上がると、心地よい気持ちになって直面する問題が”小さく”見えてくるようになります。この時に貴方の答えにアクセスします。

こんな感じのメッセージです。

わたしの目線で

わたしなりの目線・感覚で解釈していってみますね。

この一文だけをみても、「さっぱり」「なんだか、よく分からない」ですね。私自身初めて、メッセージを目にしたときは、へ〜!!なんだろう・・・でした。わたしの場合、よく分からないけど興味があったので、続けて、5から10個ぐらいのバシャールの動画をみたと思います。

なんとなくでしたが、見ていく内に、なぜか、府に落ちて分かる感覚がありました。

  • 「そうそう! そうなんだよね!!」
  • 「ハ〜、なるほど!!」
  • 「そう捉えると、すごくラクかも!!」
  • 「心にひびく〜、しっくりくる〜!」 言葉で表現するとこんな感じでした

分かりそうなフレーズだけを意識した

はじめから、メッセージの全文は理解できなかった・・・なので、文中の分かりそうなカンタンなフレーズだけを意識していた氣がします。

たとえばでいうと、このフレーズ。

貴方が求める答えは自分の中にある事を”潜在的”に認識している
問題は、ちょっと横に置いておいて、貴方の気持ちをあげる事

「答えは自分の中にある」「自分の氣持ちをあげる」

ふ〜ん!!コレ、ちょっと、意識してみたらどうなるのかな・・・。で、試しにやってみました。わたしの個性、なんでも、試して体験することが好きなのです。

試しにやってみた!!

その1、氣持ちに氣づく

さて、なにか問題があるとき、あなたは、どうしますか・・・?

以前のわたしは、どうしたらいいのか分からない時、決まって、だれかに聞いていました。「どうしよう」「どうしたらいいと想う?」と、友人だったり、相談にのってくれそうな立場が似ている人とかにアドバイスを求めて。

しかも、自分が間違っているとは思っていないし、思わないし、思いたくない。ので、自分の正当性を分かってくれそうな人に聞いていた。

  • やっぱり!ワタシ!間違ってないよね!!と安心したかった
  • 相手が悪い!ことを腑に落として、相手に認めさせたかった
  • ワタシ悪くないのに、なんで分からないんだろう!!と、イライラして相手を許せなかった・・・ こんな氣持ちがありました

それから、自分が加害者じゃなく被害者の立場で、受け手側としか見ていなかった。なにかあったら、だいたいは、

  • 〜と言われた
  • 〜された
  • 〜と想われている、想われた  の立場にいました

答えは自分の中にある

困ったときって、女性はとくに、(自分の正当性を確認したくて)まわりに意見やアドバイスを求める傾向にあったりします。似ている体験を持っている人がいて、共感の部分が多少多めの人もいるでしょうが、まわりに聞いても、多分、100%分かってもらえないでしょう。

なにしろ、困っているのは自分自身。

なのに、自分のことなのに・・・まわりに聞くこと自体がおかしな話。笑。今なら分かる感覚です。まったく同じ経験をしている人は、この地球上にはいませんし。自分がどんな状況で、どう感じているか、どう捉えているか、これは、唯一自分だけの体験であり経験。

まわりに相談しても、最終的に選ぶのは自分自身で、自分がどうしたいのか・・・どう感じているか・・・なんだなと、だんだん氣づきはじめました。

  • 分かってほしかった・・・
  • 認めて欲しい・・・
  • 辛かった・・・
  • 悲しかった・・・
  • 許せなかった・・・

こんな氣持ちを感じている自分がいるんだ・・・やっと、そう氣づけるところまで来ました。

その2、感情の扱い方にヒントがあった

人は、イヤなことや困ったことには、目を背けたり見ないフリ、イヤで辛いくせに感じていないフリをして、自分の感情にフタをしやすいし、フタします。無意識にまわりに合わせて、その場をまるく治めようとか、我慢をしてしまいがちで。

我慢・イライラは、どんどん積み重なって、パンッパンになると、突然!!の火山ように噴火して怒りでキレたり、人やモノに当たってみたり、色んなカタチで爆発します。

爆発前に、イライラを解消できたり、自分のイライラ解消法を知っていて意識的にこまめに取り入れて解消したり、自分の氣持ちのイライラ度を把握しながら、本音に向き合うことができると、日々、楽しく快適に過ごせますよね。

小出しにできない、ついつい我慢しちゃう「良い人」「マジメな人」が、いちばん爆発の可能性が高いんじゃないでしょうか・・・。モノに当たって壊すくらいなら、まだしも、その内その内と自分のことを後回しにすればするほど、大事(おおゴト)や大きな病氣のもとになることがあります。

わたしも、我慢の子でした。

長男長女の姉なので、つねに、良い子でいないといけないとか、聞き分けよくないと・・・とか、小さいながらもまわりを氣にしてた。

言いたいことを言ってはいけなし、言わなかったし、言えなかった。でした。

氣づくと変われる!と氣づいた

自分の心の中で感じている本当の氣持ちに氣づくと、自分で自分をケア・浄化してあげられることも分かってきました。我慢をし続けなくても済むということです。

自分の心を大切に丁寧に扱えるようになってきたときに、いくつかの氣づきがありました。どんなことに氣づいたのか、書いてみますね。

  • 自分で自分をケア・浄化できる
  • 起こる出来事に一喜一憂せず大きな心で楽しんで対応・対処できる
  • 人のせい、まわりのせいにしなくなった
  • 起こることはすべて善くなるために自分のために起きてくる
  • トラブルは、じつはチャンス 

など・・・想いついたことを少しあげてみましたが、まだ、いろいろあります。心のケアの副産物については、また、別の続編記事にしたいと思います。

まとめ

自分の本音、心の声の扱い方に氣づきケアできるようになってからは、「答えは自分の中にある」「自分の氣持ちを上げる」ことがどういうことなのか、自然と(到善と)腑に落ちて分かるようになっていきました。

本当の氣持ちを自分が知り自分でケアできるので、我慢することがなくなってきて、悩みやトラブルも段々なくなっていきました。そして、自分で素早く判断できるようにもなってきています。まさに、「答えは自分の中にある」ことを実感している毎日です。

困った時、どっちにしようか迷う時は、自分の心の声に従います。ハートはウソがつけません。正直ものなのです。モヤモヤか、ワクワクか、どっちなのか・・・。自分を信頼することにも繋がっていました。

自分を信頼して選択した結果が、たとえ、想うようにいかなかった(失敗とも経験とも呼びますね)としても、それは、選んでチャレンジしてみた結果の話で、しかも、選択したのは自分自身です。チャレンジしなければ結果もでません。

この「想うようにいかなかった」ことは、じつは、=(イコール)大切な方向転換のサインになっていることがあるんですよね。

自分のハートが、わざわざ、「モヤモヤ」サインで氣がつくように合図をくれていたりします。結果が出る前の途中段階であっても、氣づいた時、自分の感覚を信じて、安心して、そして、落ち着いて、またハートの声に沿って選び直せばいいだけです。

自分の心の声は、ほかの何よりも誰よりも、超ハイレベルで正確な感知器。

誰もが持っている自分のセンサーに耳を済ませていけば、自分自身の人生を楽しむためのヒントに着実に繋がっていきます。センサーの存在に氣づくことで、選択を楽しめて人生がよりよく変わるきっかけになればと思います。

この記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。最後までお読みくださりありがとうございます!

失礼します!^ ^。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)