【バシャール最新メッセージ】トイレットペーパーからの学び・氣づき

【バシャール最新メッセージ】トイレットペーパーからの学び・氣づき

こんにちは!セラピスト&カウンセラーともだくみこの自由度&幸せ度を広げるごきげんブログへお越しくださりありがとうございます!

いま、地球レベルでの出来事がいろいろと起きています。さまざまな目にみえ聞こえてくる情報やメッセージが飛び交っている中で、とても共感できたこと&わたし個人の目線・角度や感覚での氣づき・感じたことを書いてみたいと思います。

この記事が、あなたのなにかヒント&氣づきにつながれば嬉しいです。

★バシャールについて初めての方は、こちらをご覧くださいね。

大きな意味での意識改革

起きていること・体験していることがそれぞれ違う

知人から1本の電話がありました。

ここ1〜2ヶ月ずっと、TVを見て日用品の買い物に行くだけの日々で、ストアに行ったら買いたかったトイレットペーパーがなかった。職場では、マスクは強制なのか?いま、世の中、どうなっているのか?と聞かれました。

わたしは、たとえばマスクを1日中しているのか・・・と言うと、する時としない時と、その場に応じて臨機応変に対応しています。トイレットペーパーを買うために順番を待ったり、ドラッグストアなどへのはしごも買い貯めもしません。

必要なときに、必要なだけ買うことを選択しています。

わたしのまわりでも、それぞれ。デマ(現在、水星が魚座で逆行中なので影響もあるようです)にのって、自宅に多少の備蓄はあるけれど、あわててドラックストアへ走る人もいれば、ストアに行ったものの買えずパニックのようになる人。過去に起きたオイルショックや災害時のことが思い出されて、すでに大量に買い溜めした人。氣にせず惑わされず、買いに走らずいつも通りの人。

〜地域によっても、人によっても、起きていること・体験していることが違う〜TVの情報がすべて正しいとは限らないですよね。

  • 地域によっても、かなり体験していることが違う
  • トイレットペーパーの騒動とまったく違う世界で生きている地域が、実はたくさんあるように感じる
  • ニュースで伝えることが日本全体で起こっているわけではない

という大鈴さんのメッセージを見て、そうだよね・・と共感しました。

必要以上に溜め込まないで・・・

そして、あまねりかさんの『トイレットペーパーが・・』のタイトルではじまる動画メッセージでも、とても共感できる感覚がたくさんありました。

この動画で、わたしの中で印象に残ったフレーズを幾つかあげてみますね。

  • 必要以上のものを個人的な理由で搾取しない
  • 本当に必要なものを必要なだけいただく、受け取る
  • 必要以上に持っていると(溜め込んでおくと)必要な人に循環されない
  • 余分があるのに使わないまま残ってしまう、循環が悪くなる
  • 心配だからという怖れからモノを手にすると、循環が滞る
  • オイルショック時の恐れが、トラウマとして今も人の心の奥に深く残っている
  • 人に迷惑をかけてはいけない、物をもらってはいけない(物乞い)、借りたら返す・・日本人の良くも悪くもある氣質
  • 学校や会社には毎日行くのが当たり前という価値観の崩壊・変化
  • 会社・学校に行かなくても仕事や学びができる新しい価値観・やり方が生まれてくる
  • 宇宙は破壊と再生の連続
  • これからは助け合い、分かち合い、循環型の社会・しくみへ

なるほどな・・と感じたわたしです。

すべては循環している

この騒動にはどんな意味があるんだろう・・この出来事を通してのどんな氣づき・メッセージがあるのかな・・という視点で感じてみると、さらに深い氣づきにつながっていきます。

りかさんからのメッセージも少し抜粋します。

わたし達はもうこの瞬間に、すべてを持っている「すでに満ち足りた存在」

なにか足りないと思ったときから「争い」が起こってきた。あの人の方が良い物を持っている。でも、わたしは持っていない。そこに格差・比較が生まれ、どこか他から、その何かを持ってきて満たそうとする時代が始まっていった。

根本にあるのは、「もう入ってこない」という発想。だから、確保しなければいけない。これは、安定的に供給される・・という氣持ち自体を持つことが難しくなっている人の心理状態がある。

分かち合いましょう〜 あるもので満足する。(感謝する。)すべては与えられている。

抜粋はここまでです。

たしかに日本ではすべてが整っていて。当たり前の常識や習慣、マナー、方法、たとえば、これはこうするもの・・使い方はこう・・使ったあとはこうする・・とか、ほぼ無意識レベルで考えなくても出来るし、小さい頃からのルールやマナーで常識化されている日本文化。

けれども、最善にも、その場所や地域の常識・価値観によりそれぞれ違いがあり、時々に合わせて、それぞれが自分の心で感じた最善を選択して決めて動かしていくことが出来ます。

色々な様々な出来事を日本レベル、地球レベル、宇宙レベルで俯瞰してみてみると、本当にいま、水瓶座の時代を生きてることを実感します。

西暦2000年代に突入して、まだ20年目です。水瓶座の時代に入りここ数年でも、人やモノの価値観がどんどん多様化してきていますが、これからさらに非常識な常識が広がってより多様化していくのでしょうね。

地球人の集合意識の改革

答えはひとつ。選択肢もひとつ。だと思っていたことが、人の数だけアイデアもあり選択肢も増えてきている現代。全国一斉に突然に休校となり、対策を強いられているかと思えば、通勤せずとも自宅でも仕事ができて全く支障もなかったり・・。

常識でさえも、それも突然に一変するような、ある意味変化のすごい時代になってきています。

真逆の事態を目の当たりにして、この騒動にかぎらずその時々によって臨機応変に、流れにそって、完璧でなくても変化に柔軟に対応して選択していくことができれば、そんなに大変なことではないのかなとも感じました。

大きな組織や会社にいるから大丈夫、安心などと言えたり言えなかったり。また、小さな組織だからという不安もあるかもしれないけど、いざという時の小回りの効く臨機応変さもありますよね。

大切なのは意識の向け方

まわりの出来事や情報に右往左往と振り回されて行動を取ってしまいがちですが、大切なのは、一人一人の意識の向け方。意識の選び方。

地球では、意識すると拡大する仕組みになっています。〜量子力学の見解から〜

  • 氣にすると、意識していることが拡大・広がる
  • 氣にすればするほど広がる
  • 〇〇になりたくないという意識が、返って〇〇を引き寄せる

怖い、心配、と不安な氣持ち・意識を持てばもつほど共鳴し、広がり引き寄せる。逆に、意識・氣にせず、大丈夫、みんな良くなると安心感を持てばもつほど、安心感が共鳴し広がっていく仕組みです。

日本人が意識していること、地球人が意識していることが現実化していきます。日本人が意識していることが日本の集合意識になり、地球人が意識していることが地球の集合意識となります。

ネガティヴな情報やネガティヴな集合意識に流されないような自分の軸をしっかり持つこと。自分で意識して選択して現実を創りだすこと。大切になってきますね。

わたしが特に毎日、意識して選んでいる感情・意識があります。

バシャールメッセージにもあるように「笑うこと」「楽しむこと」。心からの「喜び」や「幸せ」をいつも自分が感じる環境に身を置くこと。必要以上に「怖れ」や「不安」に意識を向けず外して、自分の五感を大切にしています。

必要以上に怖れず、今ここを大切にポジティブな方向に意識を向けていきましょう。』〜バシャールメッセージから〜

この記事が、あなたの何か氣づき・お役立ちになれば幸いです。最後までお読みくださりありがとうございます!

失礼します。^ ^。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)