Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/k4141/consultation.link/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
シェディング対策で、数字をみるだけで24時間のこうか!? - KUMIKOの水瓶的・愛のキューピッドブログ
シェディング対策で、数字をみるだけで24時間のこうか!?

シェディング対策で、数字をみるだけで24時間のこうか!?

シェディング対策についての面白い記事を見つけたのでシェアします。

プラスαですが、月1で天然成分100のヘナを解毒とヘアケアを兼ねてやってますが、この天然ヘナのデトックス効果がすごかった‼️ なぜか? 今回の体調不良はシェディングの影響も大きかったのかなぁ・・❓ 私の場合、「目」に免疫の状態が現れやすいのです。症状としては、目の違和感や痛みや痒みなど花粉症っぽいような状態になります。糖分や小麦系を取りすぎると酸化が進行するんでしょうかね。。。体内をアルカリに戻すようにと身体からメッセージがきているのかなと感じています。

今回は特に、いつも以上に修復に時間がかかっていたんですが、ヘナで一氣に改善が進んだ⁉️ みたいで。 頭皮(子宮も)からの経皮毒は影響大。ヘナの量を多めに、時間も5分ほど長めにしただけですが、身体中の血液をクリーニングしてくれた感満載。良かった〜。🎵 健康ってほんとに大切です。😇 ちなみに、目は血流や酸素の影響を受けやすいようです。⬇︎💧💧

【シェディング対策 】

見るだけ効果⁉️ってうれしいですね。どうぞ参考に。

  • 効果確認のため只今実験中♡〜 巷で話題の「2487498」の真相に迫る!数字を見るだけで24時間効果がある⁉️
  • ・本当に効果があるのか?ないのか?
  • ・どれほどの効果があるのか?    皆様も治験にご協力下さい♡(*^◯^*) (とのことです✨)

「目」関係の記事からです

  • 最近白内障の手術をしたフォロワーさんが眼科の事務員さんから漏れ聞いた話によれば【近ごろ外来患者数が激増】。1日に300人など接種前には考えられない数の方が眼の異常で来院しているという。眼は血流や酸素の影響を受けやすい場所。増えている緑内障や網膜動脈閉塞などもスパイク蛋白原因の可能性。(なるほどツイートです🤭)
https://twitter.com/FukoHokkaido/status/1519577943433166848?s=20&t=-6IuKXO2Oxt5a7U672rM1w

暗躍しているのは・・

ぜひ、ご視聴ください。⬇︎  DSこうちゃくがまだまだウヨウヨ大活躍中。馬渕さんのいつものように分かりやすい短編動画です。

大量破壊兵器はテレビだった

とても分かりやすい解説されています。こちらもどうぞ参考に。

  • テレビが大衆操作の道具になっているというようなことは、前からよく言われていたことではあるのだけれど、2年前にパンデミックが始まってからは、それが目に見えてはっきりとしてしまったようだ。どの局もあまりに同じことしか言わないので、どうもおかしいと思って調べた人たちは、どれも同じ財団から多額の資金を受けていることを突き止めていた。それで、主流メディアはどれもグローバル金融エリートに買収されているということがわかったのだ。
  • 危機のときにこそ、人々がそれぞれに適切な判断ができるようにニュートラルな情報を与えるのが、本来のメディアの役割なはずなのだ。恐怖を煽り立てるのではなく、何が危険で何が危険でないのか、何がどの程度に危険なのか、そういったことを正確に伝えて、それぞれが判断できるようにするものだ。ところが、パンデミックにしてもウクライナの戦争にしても、メディアは一方的に恐怖を煽り立てるような報道ばかりしている。(DSの存在はもとより、恐怖を煽るのがDSの常套手段と解っていない人たちがほぼ9割ですからね💧)
  • メディアというものはまさに大衆心理操作のためにあるのだという話がある。心理操作ではイギリスのタビストック研究所が有名だけれど、この研究所は何と、まさに人々を心理操作して戦争に向かわせるようにすることを目的にして作られたものだったのだと、ドイツの医学者のライク・ガルネ博士が4月に出した動画で言っていた。
  • 1932年にタビストックの所長になった心理学者のクルト・レヴィン博士は、普通の平和的な人間をどうしたら戦争に駆り立てることができるのかということを研究していた。彼によると、人間は緊張状態にないときには、誰でも冷静に判断する能力があり、さまざまな角度からものを考えることができるのだそうだ。この緊張状態が異常な強さになったとき、人はあらゆる判断能力を失ってしまい、動物のような状態になってしまうのだという。そうなると、人は外からどのようにでも操作することができるようになってしまう。これを集団的に行なうと、盲目的に動く群衆を作り出すことができてしまうのだそうだ。
  • 普通の人々は戦争などしたいとは思わないものだ。だから、人々を戦争に駆り立てるには、正常の判断力を失わせる必要がある。そのためには、人を絶えず異常な緊張状態にさらせばいいということになる。パンデミックでもウクライナの戦争でも、テレビがやっていたことはまさにそれだと言える。昼も夜も恐ろしい映像を流し続けて、人にショックを与え続け、心理的パニック状態が続くように仕向けていたわけだ。(TVが洗脳兵器といわれる所以ですね😓)
  • パンデミックのときも、テレビを壊せばパンデミックは終わる、とよく言われていたけれど、ウクライナの戦争も終わらせようと思ったら、テレビ局を破壊するのが一番手っ取り早いのかもしれない。集団ヒステリー状態になって、ロシアが悪い、ロシアをやっつけろと言っている人たちも、テレビが見られなくなったら、急速に正常な判断力を取り戻すのかもしれない。メディアを使った心理操作こそは、実は最大の大量破壊兵器だったのだ。20世紀に入ってから、戦争はほとんどがメディアを使った心理操作で引き起こされたものだったということがわかってきているのだけれど、このウクライナの戦争になって、ようやくそれがはっきりと見えてきたようだ。
  • 私たちは100年以上もの間、同じ手で騙され続けてきたあげく、ついにそれを見破ったということなのじゃないだろうか? そこで見えてくるのは、私たち人間は、本来はどんな状況でも人々と調和して生きる道を見つけていくすばらしい存在だということだ。殺し合っていたのは、意図的な心理操作によって愚かにさせられていたからにすぎなかったのだから。そのことに氣づいたときにこそ、私たちは本当に新しい人間性というものを見つけるのじゃないかと思う。そして、私たち人間が本来持っている力によって、新しい文明、調和する世界が織りなす文明を始めていくことができるのがわかるのじゃないかと思う。

「う」の国へ戻ってくる車の車列は、10キロも続くほどの渋滞中?

もう、安全になってるってことかな。🎵

  • これはウクライナを出国する朝日新聞ヨーロッパ総局長、国末憲人氏のツイート動画です😳 国末氏がウクライナの検問所から出国した際に、ウクライナへ帰国する車の渋滞の動画を撮られたものですね☺️ そこではナント、ウクライナを出ていく車の渋滞は全く無し。ウクライナに戻ってくる車の車列は、10キロも続くほどの渋滞。😇
  • ウクライナ人の認識は、
  • 🔸ロシアの侵攻ではなく、DSウクライナをウクライナ人に取り戻すと分かっている。
  • 🔸ロシアがDSウクライナを制圧したらウクライナに帰国して元の生活に戻りたい。そして今回ウクライナの難民の特徴は、男性は戦闘要員として留まるようにと、出国禁止🈲になっていた😭 難民として出国したのは、女性と子どもばかり。
  • だからウクライナが安全と分かった途端、女性や子どもたちが急いで帰国している、ということのようです。(納得です👍) 

朝日新聞ヨーロッパ総局長さんは、こうして本当のことを伝えてていても、日本では日本にいるDS連中によって本当のことは揉み消されている。と、言いたいところですが、ツイート文末では、しっかりと、「問題はウクライナの社会でなく、すべてロシアの侵攻に起因するから」とDS記事になってます。😓

明確に違反が、日本のみならず世界の状況

イーロンより愛を込めて

  • 左端は、自分自身も含めて、誰もが嫌いです! しかし、私も極右のファンではありません。 憎しみを減らし、愛を増やしましょう。

オープンソースを目指す善なるイーロンを応援します。😇

  • イーロン・マスクはかつて闇側のような振る舞いをしていましたが、今では光側になりました。彼は銀河連合とも協力しあって、人類のための活動をしています。イーロン・マスクのスターリンクには注目です。(佐野美代子さんより)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)