【qアノン】ニュルンベルク裁判続報、wだけど、wではないwクチン

【qアノン】ニュルンベルク裁判続報、wだけど、wではないwクチン

ニュルンベルク裁判についての詳細です。以下、どうぞご参考に。

  • 1,000人の弁護士と10,000人の医師がニュルンベルク綱領違反で訴訟を起こしました。新しいニュルンベルク裁判は2021年7月3日に始まります

★情報元です 👉新ニュルンベルク裁判と1946年のニュルンベルクでのナチ戦犯法廷

†††新しいニュルンベルク裁判2021の背景

  • Dr.のリーダーシップの下、1,000人を超える弁護士と10,000人を超える医療専門家を擁する大規模なチーム。
  • Reiner Fuellmichは、人道に対する罪についてCDC、WHO、およびダボスグループに対して 訴訟手続きを開始。チームは、誤ったPCRテストと、併存疾患による死亡をCovidによる死亡、つまり詐欺として説明するよう医師に命じました

PCRの設定値、「35」でも100%不正確!?

  • PCRテストは病原体を検出するようには設計されておらず、35サイクルで100%不正確です。CDCによって監視されるすべてのPCRテストは、37〜45サイクルに設定されています。
  • フランス・マルセイユの研究所が、この方法でPCR検査の真の陽性の比率を調べたところ、25サイクルで70%(偽陽性30%)だったが、30サイクルだと20%(偽陽性80%)、35サイクルだと3%(偽陽性97%)だった。この調査では、35サイクルでも偽陽性が97%なので使い物にならない

「28」を超えると、正確な結果得られない(CDC)

  • CDCは、28サイクルを超えるテストでは、信頼できる肯定的な結果が得られないことを認めています。(ひどいね💧 日夲は45前後でしたが、現在はどうなのか、、このテスト自体が使用の意味が・・・ありませんが)
  • これにより、この誤ったテストの使用によって検出されたとされるCovidの症例/「感染」の90%以上が無効になります。不正確な検査と不正な死亡診断書に加えて、「実験的」ワクチン自体がジュネーブ条約の第32条に違反しています。

ワクチンと見なされる5つの条件とは

  • 「ワクチン」は、ワクチンと見なされる次の5つの要件を満たしておらず、定義上、医学的な「実験」および 実験です。
  • 1)ウイルスに対する免疫を提供します
  • これは「漏れやすい」遺伝子治療であり、Covidに対する免疫を提供せず。症状を軽減すると主張していますが、現在、二重ワクチン接種は、Covid感染症のERまたはICUを必要とする患者の60%です。
  • 2)受信者をウイルスの感染から保護します
  • †††この遺伝子治療は免疫を提供せず、二重ワクチンは依然としてウイルスを捕らえて拡散させることができます。
  • 3)ウイルス感染による死亡を減らす
  • この遺伝子治療は、感染による死亡を減らすことはありません。Covidに感染した二重ワクチン接種を受けた人々も死亡しました。
  • 4)ウイルスの循環を減らします
  • この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫をゼロにするため、ウイルスの拡散を可能にします
  • 5)ウイルスの感染を減らします
  • この遺伝子治療は、ウイルスに対する免疫を与えないため、ウイルスの感染を可能にします

ニュルンベルク綱領の以下の違反が適用

  • ニュルンベルク綱領 1: 自主同意が重要です
  • インフォームドコンセントなしに医学的実験を強制されるべきではありません。多くのメディア、政治家、非医療関係者は、注射器を服用するよう人々に促しています。それらは、この遺伝子治療の悪影響や危険性についての情報を提供していません。彼らから聞くのは、「安全で効果的」であり、「利益はリスクを上回っている」ということだけです。
  • ニュルンベルク綱領2: 他の手段では生み出せない実りある結果をもたらす上記のように、遺伝子治療はワクチンの基準を満たしていないため、ウイルスに対する免疫を提供しません。
  • イベルメクチン、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛、インフルエンザや風邪に対する免疫力の強化など、Covidに対して実りある結果をもたらす他の治療法があります。
  • ニュルンベルク綱領3: 動物実験と自然史病の結果としての基本的な実験
  • この遺伝子治療は動物実験をスキップし、直接人間の実験に行きました。ファイザーが使用したmRNA研究では、すべてのサルが肺炎を発症。が、リスクは低いと考え、ファイザーは動物実験なしでCovid用のmRNAを開発し続けた
  • ニュルンベルク綱領 4: すべての不必要な苦痛や怪我を避けます
  • 実験の開始以来、CDC VAERS報告システムにリストされて以来、米国では4,000人を超える死亡と50,000人のワクチンによる負傷が報告。EUでは、7,000人以上の死亡と365,000人のワクチンによる負傷が報告されています。これは、このコードの重大な違反です。
  • ニュルンベルク綱領 5: 傷害または死亡が発生すると考えられる理由がある場合は実験を行うべきではありません。(和訳ズレ?)
  • この遺伝子治療は、死傷を引き起こします。mRNAに関する以前の研究でも、この現在の実験的遺伝子実験では無視されてきたいくつかのリスクが示されています。
  • ニュルンベルク綱領6: リスクが利益を超えてはならない
  • Covid-19の回復率は98〜99%です。ワクチンの損傷、死亡、およびmRNA遺伝子治療の有害な副作用は、このリスクをはるかに上回ります。「漏れやすい」ワクチンの使用は、「ホットウイルス」と変異体が出現することを示すマレックチキン研究のために、米国とEUによって農業での使用が禁止されました…病氣をさらに致命的にします。
  • それにもかかわらず、これはCDCによって人間が使用するために無視されており、新しい、より致命的な変異のリスクが漏れのある予防接種から生じることを知っています。CDCは、漏れやすいワクチンの使用がより高温の(より致命的な)株の出現を促進することを十分に認識。それでも彼らは人間に関してはこれを無視しました。
  • ニュルンベルク綱領7: 怪我、障害、または死亡のわずかな可能性に対しても準備を行う必要があります
  • 準備は行われませんでした。この遺伝子治療は動物実験をスキップしました。製薬会社自身の臨床第3相試験は、2022/2023年まで終了しません。これらのワクチンは緊急時に承認。誤った情報を与えられた大衆に強制するための行動のみに使用。それらはFDAに承認されていません。
  • ニュルンベルク綱領8: 実験は科学的に資格のある人が行う必要があります
  • これが安全で効果的なワクチンであると主張する政治家、メディア、俳優は資格がありません。プロパガンダは医学ではありません。ウォルマートやドライブスルーワクチンセンターなどの多くの店舗は、情報に通じていない一般の人々に実験的な医療遺伝子治療を実施する資格がありません。
  • ニュルンベルク綱領9: 誰もがいつでも実験を終了する自由を持っている必要があります
  • 85,000人を超える医師、看護師、ウイルス学者、疫学者からの電話にもかかわらず、実験は終了しません。実際、現在、ワクチンコンプライアンスを実施するために法律を変更する多くの試みがあります。これには、必須および必須の予防接種が含まれます。実験的な「噴霧器」は、6か月ごとに計画されています。これらの更新画像は、臨床試験なしで管理されます。うまくいけば、この新しいニュルンベルク裁判は、この人道に対する罪に終止符を打つでしょう。
  • ニュルンベルク綱領10: 怪我や死亡の原因が考えられる場合、研究者はいつでも実験を終了する必要があります
  • 統計報告データから、この実験が死傷につながることは明らかです。しかし、すべての政治家、製薬会社、およびいわゆる専門家が、この遺伝子治療実験が誤った情報を与えられた人々に害を及ぼすのを阻止しようと試みるわけではありません。

この人道に対する罪を終わらせるために

何ができるでしょうか?

  • この情報を共有します。政治家、メディア、医師、看護師に責任を負わせてください
  • -彼らがこの人道に対する罪に関与している場合、彼らはジュネーブ条約とニュルンベルク綱領に定められた法律の対象にもなり、裁判にかけられ、有罪とされ、◯される可能性があります。法的手続きが進んでおり、証拠が収集され、専門家の大規模なグループが警鐘を鳴らしています。(👍)

これまでのEU、米、日夲の4者数

  • 去年ドイツでTVでも人氣シェフビーガンさんメルケルは、ゲイツと共に(ワクチンを使って)世界中の人々を虐殺しようとしている」 米国、露では1年前から“製薬会社、ビル・ゲイツが犯人、5Gが拡散” とデモを起こしてた。たいていの日夲人はすぐ陰謀論って決めつけ夲質を考えようとしない、 それが大問題なのに… 日夲のワクチンはビルゲイツががっつり絡んでる。

80に近い、あちこち電話をかけまくり自分の答えを出す高齢者もいる

  • ワクチンが悪者かどうかは別として、自分の中で白黒はっきりさせてから打つか打たないかの判断をしたいと、80近いわたしの母はここ数日、本を読み漁り、あちこちに電話をかけまくって自分の答えを出したいと動いている。テレビは観るがネットはやらない母
  • 「ほぼ決まったよ」。
  • 自分が住んでる県のコロナワクチン?相談ダイヤルにも電話したらしい。「効くか効かないか、死ぬ確率はあるかないか、安全かどうか、いろいろと聞いたけどねぇ、まともな答えは何一つ返って来なかったよ。挙げ句の果てに『強制ではないですから』なんて繰り返すんだからね。恐らく打つことなく人生全うするかも知れないね」と。
  • しかし連日の煽りは凄いね。テレビは電源入れたらダメダメ~。好きなもの作って美味しく食べて、軽く運動してニコニコしてることに決めた~」とも。 こういう後期高齢者もいる。

なんと言っても、自分で聞いて調べて判断、ここがなにより素晴らしいですね👍

今回もご氣げんブログをお読みくださりありがとうございます。😇。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)