【qアノン】「Q」とは?W・Hとは?いろいろ『基本情報検索版』  

【qアノン】「Q」とは?W・Hとは?いろいろ『基本情報検索版』  

こんにちは!&こんばんは! 星色セラピストKUMIKOのごきげんブログにお越しくださりありがとうございます! コメントもありがとうございます!

今回は、「Q」って何?、「ホワイトハット」って何?? などについてのまとめの記事になります。

わたしが初めて、Qについて知ったキッカケなどを書いた記事と、Qについてのベースになる情報や「ホワイトハット」についてもまとめてみました。自分の思考の整理のため。この方が検索も確認もしやすいし・・ ^_^。†††††

ここでの「Q」についての情報はあくまでも、わたし自身の目線での情報なので、ご自身で、実際にご覧になってみて、保留&選択&判断をおねがいします。

(*言論制限で削除されている「動画」や「ツイート」があるかもしれません。)

「Q(anon・アノン)」って、なに?

「Wクチン実態」と「PCR」ってどんな検査?

「ホワイトハット」とは?

動画インタビュー その1

第1弾の動画内容のポイントを以下に少し抜粋します。

  • パラディンさん 彼はホワイトハットの方です
  • 我々ホワイトハットはこの動画を第35代大統領に捧げる「JFK」
  • 陰の政府を暴露するため彼は命を捧げました
  • 今は、陰の政府は「ディープステート・DS」として知られています
  • 彼が始めた偉大な課題を終わらせること、つまり、共和制を取り戻すこと
  • 私たちは10年前にレポートを書き始めました。来年でちょうど10年目になります。
  • 2011年の11月からレポートを投稿しています。
  • ホワイトハットメディアグループというユーチューブチャンネルを開設
  • カバール(DS・陰の政府)それらの支配から地球を解放したい人々のネットワークです。
  • 我々のメンバーは、政府、民間部門、ビジネスや軍隊にいます。
  • 現役も退役した人もいます。
  • 皆さんが聞きたいのは、ホワイトハットの起源だよ思います。
  • 私たちは何かしなければ・・という思いで団結しました。地球が行く方向が分かったから。
  • 私たち一人一人に任務があり、それぞれの国に戻りDSとできる限り戦ってきました。
  • 2016年にトランプ大統領が選出、嬉しい。彼は我々の一人、ホワイトハットだから。
  • 何百年も地球を支配してきた13血統の悪魔的な影響から人類を解放しようとしています。
  • アメリカで1940年後半から1950年初めに陰の政府は始まったと思います。
  • 1933年に海軍将校たちが軍隊を使い政府を倒そうとした。その後第二次世界大戦になり、CIAが(敗戦した)ドイツのエリート達の才能を生かすためアメリカに連れてきた。
  • そのとき、アメリカの陰の政府ができた。
  • 陰の政府を作ったのは5人のギャング。ジョージブッシュ・シニア、CIAのコービー、ルバート・フェラーラ、エドワルド・ラムズデール、リチャード・アーミテージ。
  • 様々な活動のため、口座を開設、資金洗浄、権力を手にした。
  • DSは、サウジの2人の王様と繋がりがある。など、レポートを作成中でした。
  • 567でレポートは中断、現在世界で起きていることに集中している。
  • ホワイトハット初期メンバは7〜8人いました。他にやることができ、今は一人でレポートを書いています。
  • レポートの第一の目的は、すぐ報告することでDSに我々が悪事を知っていると告げつため。また、法執行機関や政府が罪を犯していることを我々が知っていると告げるためです。文書も公開していきました。
  • 連邦準備制度不正を働いていることを暴露。突き詰めていくと、5人のギャングだと。
  • レポートでは、政府高官、大統領や銀行を暴露し公開。オバマやバイデンのサインもあります。機会があればレポートを見てください。
  • 危険な役目で、2010年以来、チームの何名かは命を落としています。

動画インタビュー その2

動画インタビュー その3

動画インタビュー その4

動画インタビュー その5

GESARA(世界経済安全保障及び改革法)について

  • ゲサラ・GESARA = Global Economic Security and Recovery Act(世界経済安全保障及び改革法)の略。

以下の記事は、「金融リセット」のことと関係がある流れになるので、参考までにどうぞご覧ください。

水瓶座・風の時代とは?

宇宙&占星術(地球を取り巻く天体の動きから読む)の世界についての記事をまとめています。

今後も、、

このまとめ記事に保善情報があれば、また、さらに追加して書いていくかもしれません。この記事があなたのなにか氣づき・お役立ち、そして希望につながればと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)